ご注文はこちらから


パクチーのサプリメント・パクチーエナジーゴールド(コリアンダーのサプリメント)
トップページ製品紹介特長・成分会社案内特商法に関する表記買い物カゴ


2019.4.28

ファシリテーターのスキルを身につける

会議ファシリテーター普及協会代表、釘山健一氏の心に響く言葉より…

「会議より現場のほうが大事だ!」あなたはそう思っていますか?

私は違います。

「会議も現場だ」。

これが私の考えです。

なぜならば、私にとって、“体全体を使い新しいものを作り出していくクリエイティブな現場”それが会議だからです。

このような今までの「常識を超えた会議」の進行役を「ファシリテーター」と言います。

ファシリテーターの技術は奥が深く、それを極めるには大変な努力と経験が必要です。

しかし、ファシリテーターの技術の中には、誰でもすぐに使える技術がたくさんあります。

その技術を知って活用するだけで、あなたは今日からファシリテーターの仲間入りができるのです。

例えば、次の例はどうでしょうか?

「この議題について、ご意見のある方はお願いします」

議長が参加者にこう言うと、真っ先に手を挙げるのが「困ったちゃん」。

会議の中ですぐに手を挙げ、しかも発言の長い人のことを私たちは「困ったちゃん」と呼んでいます。

会議では、往々にして困ったちゃんばかり発言して、他の参加者が発言しなくなってしまうことがあります。

なぜ、困ったちゃんが生まれるのか?

それは、会議のはじめに議長が「この議題について、ご意見のある方はお願いします」と、“全体に”向けて言うのが原因です。

議長なら必ずおこなうこの“普通”の進行が、実は困ったちゃんを生んでいるのです。

では、どうしたらいいのでしょうか?

その方法は…。

会議のはじめは「発言」させるのではなく「考える」時間にすることです。

そのために、ファシリテーターの最初の指示は「この議題について、自分の意見を5分間、お手元のA4の紙に書きながら整理してみてください」となります。

これが、全員の意見を尊重するファシリテーターの進行のコツです。

いままで、「会議は、とにかく結論を出すことが最も大切だ」と考え、参加者の納得を得ることよりも、「結論」を決めることが最優先されてきました。

つまり、参加者の十分な納得がなされないまま決定されていたのです。

そこで登場したのが、会議の目的を「決める」ことから「参加者が納得する」ことに変えた会議「合意形成型会議」です。

そして、その合意形成型会議の進行役を「ファシリテーター」といい、そのスキルを「ファシリテーション」と言います。

会議の目的を「納得」することに変えることで、会議は見違えるように変わります。

そして、「結論を出せばいい」ではなく、「どのように参加者の合意や納得を得るか」と考えるとき、今までの会議とまったく違う会議のやり方が見えてきます。

では、合意を図るにはどうしたらいいのか?

それは、できるだけたくさんの意見を引き出すことです。

思いを十分に語ることにより合意が生まれるからです。

参加者の合意を図る基本は、活発な発言にあります。

そして、活発な発言が出るためには「自由な雰囲気」が必要です。

今までの会議のように緊張感で満ち溢れた会議では、自由に意見は出ません。

したがって、ファシリテーターのスキルには「自由な雰囲気をつくる技術」も必要ということになります。

だから、ファシリテーターは極力、意見の整理をしないほうがいいのです。

ファシリテーターが整理するのではなく、できる限り、参加者自身に出された意見の整理をさせる、それがファシリテーターの仕事です。

つまり、ファシリテーターとは「結論を出す会議」ではなく、「合意を図りながら結論を出す会議」の進行役のことを言うのです。

『「会議ファシリテーション」の基本がイチから身につく本』すばる舎


釘山氏は、ファシリテーターのイメージは次のようなものだという。

「教えない」「目立たない」「リードしない」「引っ張らない」「意見を言わない」「仕切らない」「元気に話さない」「中立」「引き出す」「支援する」

そして、会議の「落しどころ」を考えないことだという。

つまり、会議を仕切らないこと。

昨今、様々な会議や勉強会で、このファシリテーションが使われている。

なぜなら、ファシリテーションが如何に有効かが知られてきたからだ。

かつての日本の高度成長のときは、トップダウンや、シャンシャンと拍手で強引に合意する会議でもなんとかなった。

しかし、狂騒の時代が過ぎ去った今、「多様性を認める」とか「働き方改革」や「地域貢献」、また「環境保護」をはじめとした「SDGs」等々の価値観が大きくクローズアップされるようになってきた。

誰もが、ファシリテーターのスキルを身につけなければならない時代になってきた。



人の心に灯をともす 一覧へ戻る