ご注文はこちらから


パクチーのサプリメント・パクチーエナジーゴールド(コリアンダーのサプリメント)
トップページ製品紹介特長・成分会社案内特商法に関する表記買い物カゴ


2019.4.18

「肩書」ではなく「特徴」を

杉山大輔氏の心に響く言葉より…

みなさんの中に、自分は肩書がないからダメだ、と悲嘆している人がいるかもしれません。

肩書とは、〇〇会社の社長、△△会社の部長というものです。

でも、肩書がなくてもどうっていうことはありません。

〇〇会社の社長、△△会社の部長という肩書は、確かに立派です。

ですが、定年になって、肩書がはずされたらどうなるでしょう。

もし、肩書がないと嘆くのであれば、特徴を出せばいいのです。

言い換えるとしたら「あなただけのキーワード」。

文章を書くのが得意、あるいは、かつて甲子園に行ったことがある、ということでもいいのです。

私の例でいえば、「筋トレ」「バスケ」「英語」などです。

自己紹介で自分の特徴を伝えておくと、「この分野でだれか知らない?」という話が出たとき、「あっ、それだったら△△さんがいいよ」と紹介してもらうことができます。

注意してほしいことは、「誠実」とか「温和」といった、性格ではなく、あくまでも具体的なスキル、経験をピックアップすることです。

日本人はシャイですから、自分をアピールすることが苦手です。

ですが、やってみる価値はあります。

肩書の代わりに、「特徴」を人に言うようにしてみてください。

あなたの可能性がグンと広がることを保証します。

たとえば、私自身、「筋トレが日課です」とことあるごとに話してきました。

あるとき、「大輔は鍛えていたよね」と言われて、有名サプリメントの広告に出てほしい、という話が来ました。

「帰国子女で英語が話せるよ」と話していたら、大手広告代理店に勤める友人から、英語のナレーションのオファーも来ました。

『行動する勇気』フォレスト出版


杉山氏は、本書の中でこう語る。

『突然ですが、あなたの特徴を表すキーワードをあげてみてください。

性格ではなく、やってきたこと、得意なことを10個です。

私なら、英語、教育、経営、バスケットボール、子育て、剣道、インタビュー、MBA、マラソン、筋トレ、映画…。

日頃からきちんと整理しておくと、普段、すらっと口から出てきます。

「普段、すらっと」がとても大切です。

日々、人との出会いがあります。

会話の中で、何気なく自分の得意なことを話しておくと、何かのときに相手に思い出してもらえます。

それが、仕事や新しい人との出会いにつながるのです。

私は、かつて、来日した元プロバスケットボール選手、デニス・ロッドマン氏の通訳に抜擢されたとことがあります。

ロッドマン氏のイベントに関わっていた友人から、「バスケットボール、好きだったよね?英語得意だよね?通訳やってもらえない?」と頼まれたのがきっかけでした。

友人は、「バスケット」「英語」=杉山大輔

と、私のキーワードと共に名前を思い出し、連絡をくれたのです。

おそらく、英語が話せる人は日本中にたくさんいると思います。

その中でも私を選んでくれたのは、「バスケット」のこともわかるからです。』

タレントやスポーツの有名選手なら、名前を聞いただけで誰かすぐにわかる。

しかし、名もなき一般の人が世に出て食べていくには、自らをアピール(アウトプット)するしかない。

そのアピールは、最終的にはその人の肩書ではない。

どんなにすごい役職が付いた人であっても、その人に会いたくなる訳ではないからだ。

「肩書」ではなく「特徴」を磨き、それをアウトプットしたい。



人の心に灯をともす 一覧へ戻る