ご注文はこちらから


パクチーのサプリメント・パクチーエナジーゴールド(コリアンダーのサプリメント)
トップページ製品紹介特長・成分会社案内特商法に関する表記買い物カゴ


2019.3.12

第三の選択


小林正観さんの心に響く言葉より…

わたしたちは、なにか「思い」を持つこと、その「思い」を、努力を重ねて実現することが唯一の価値、と教え込まれてきました。

しかし、その「思い」こそが、人間の悩み、苦しみ、苦悩、煩悩の源であったのかもしれません。

もし、悩んだり苦しんだりしているならば、そしてそれがつらいのであれば、その「思い」に「執着(しゅうちゃく)しない」ことをおすすめします。

さらには、「思い」自体を「持たない」ようにすると、楽に生きられます。

元々、わたしたちはたいしたものではないのですから、気合いを入れて生きるところから、もう少し気を抜いて生きる人生、でもよいのではないでしょうか。

もう、気合を入れて生きるのをやめませんか?

人にわかってもらいたいとか、評価されたいとか、眉間(みけん)にしわを寄せてがんばるのもいいですが、良い加減に、適当に、ニコニコと「頼まれごと」をやっていくほうが人生はおもしろくなります。

私は、「努力をしてはいけない」とか「がんばってはいけない」と言っているのではありません。

努力して必死になってがんばるのが好きな人は、そうすればいいでしょう。

しかし、自分の努力ではどうにもならないような問題を、ドンと突きつけられることもありますよね。

手ごわい問題が次から次へと湧き上がってくることもあります。

そのとき、人間は「謙虚」にならざるを得ない。

謙虚になるということは、「自分の力だけではできない」と思い定めること。

それが、「努力しない」「がんばらない」「必死にならない」ことの意味です。

最終的にわたしたちができることは、〈お任せをする〉ことだけ、ということになります。

お任せするとは、目に見えない四者(神、仏、精霊、守護霊)と、目に見える四者(友人、知人、家族、わたしの体)、この八者に対して、常に「ありがとう」を言いながら、感謝をして生きていくということです。

すると、「ありがとう」と言われた八者から共感・共鳴を呼ぶのでしょうか、周りの人は、なぜか手伝って応援してくれるし、神、仏も“やる気”になってくれるようです。

『特別付録DVD 人生が全部うまくいく「ありがとう」の不思議な力 (単行本)』三笠書房


小林正観さんは「がんばる」について本書の中でこう語っている。

『わたしは人の5倍ぐらい働いています。

「おかしいじゃないですか、がんばっているじゃないですか」

がんばっていません。

ただ、やるはめになったので、仕方なくやっているだけです。

「努力してるんでしょ?」

していません。

ぜんぜん。

いやがるものを無理やりやされているのでもありません。

年間280回の講演会というのを感心してくれて、「小林さんよく続きますね。よっぽど好きでないとできませんね」と言う人がいます。

好きでやっているのではありません。

「そうだったんですか!イヤイヤやっていたんですか?」

イヤイヤやっているわけではありません。

「じゃあ、やっぱり好きでやってるんじゃないですか」

好きでやっているのではありません。

イヤイヤやっているのでもありません。

「じゃあ、やっぱり好きでやってるんじゃないですか」

好きでやっているのではありません。

イヤイヤやっているのでもありません。

好きなのか、嫌いなのかはっきりしろと言われそうですが、人生には、「好き」でも「嫌い」でもないという選択があります。

「好きなこと」「嫌いなこと」で人生を選ぶのではなく、「第三の選択」があるのです。

好きでもなく、嫌いでもなく、自分の目の前に起こることについて、いちいち論評・評価をしない、いちいち感想を言わないという生き方があります。

わたしはその3つ目の生き方を選んでいるだけです。

好きだとか嫌いだとか、いちいち論評・評価しないで、“淡々と”生きているのです』

また、小林正観さんは、こうも語る。

『夢や希望を持って、それを語りなさい。それに向かって行きなさい、という表現もあふれています。


夢や希望というのは耳にはいい響きですが、よく考えてみると、結局は「足りないこと」を言っているにすぎないのです。

「あれが足りない。これが足りない。あれを寄こせ。これを寄こせ」と言うことを夢や希望であると吹聴しています。

これは突きつめていくと、エゴなのです。

私たちは九千九百九十の喜びを宇宙からいただいているのに、足りない十個を挙げて、それを「寄こせ、寄こせ」と言っているのです。

「その十個を手に入れたら幸せだ。手に入らなかったら不幸だ」と。

我々は、今ある幸せに感謝しないで、「足りない、足りない」、「もっと欲しい」と言っている。何か特別な面白いイベントがなければつまらない、不幸だ、と。』

感謝が足りないと、好き嫌いをことさら言い立てたり、不足を嘆くようになる。

感謝が足りないとは、謙虚さが足りないということ。

「第三の選択」は感謝の選択。

謙虚で、感謝多き人でありたい。


人の心に灯をともす 一覧へ戻る