ご注文はこちらから


パクチーのサプリメント・パクチーエナジーゴールド(コリアンダーのサプリメント)
トップページ製品紹介特長・成分会社案内特商法に関する表記買い物カゴ


2018.9.19

同年代と群れない

瀧天貴氏の心に響く言葉より…

成功者は「歴史は繰り返す」ことを知っている。

さらに、「仕事は知識より経験」ということに、いち早く気づいている。

だから成功者ほど同年代と群れることはない。

直接体験には限度がある。

そこで、年長者や年少者の経験談を聞き、それを疑似体験して自分のものにしていける者は強いのだ。

できれば20歳以上年の差がある相手と交流するのが望ましい。

仕事上の付き合いではなく、いっしょにお酒を飲んだり、ゴルフをしたり、「遊び」のなかで別世界の経験や「思考の芯」にふれることが、あなたの貴重な財産になるはずだ。

年長者から教訓や情報を得たいのであれば、質問上手であれ。

記憶を呼び覚ますような質問を重ねよう。

「30代のとき、〇〇さんはどんな感じでしたか?」

「40代のときは、どんなプロジェクトに携わっていたんですか?」

逆に、年少者と付き合うときは、共感の気持ちを示し、可能な限り同化する。

顔を合わせたら「今日は寒いね」食事をしたら「これ、おいしいね」といったささやかな共感でいい。

大切なのは上司や年上らしく振る舞うことではなく、理解し合える仲間として受け入れてもらうことだ。

そうでないと有益な情報は得られない。

多くの疑似体験を重ね、人の2倍、3倍もの人生を生きることができれば、成功はすぐそこまで迫っている。

『仕事運の法則』WAVE出版


伊勢神宮の式年遷宮は20年に一度となっている。

これが1200年の間、途絶えることなく続いている。

「20年に一度」には意味がある。

間が、20年以上だと、職人の技術が途絶えてしまう可能性があり、20年以下だと次の世代が育っていないからだ。

20代、40代、60代と三世代が同時に仕事をすれば、技術は途絶えることはない、ということ。

また、瀧天貴氏は本書の中で、こんなこと書いている。

『実行力・行動する意欲が弱い人は、志の強い人の力を借りるとよい。

行動力がある人物と一緒に行動させてもらうのだ。

そばについて真似をし、同じ行動をとるのは、「型を学ぶ」行為。

職人が仕事を覚えるとき、親方のそばについて一部始終を見て真似をし、技を会得していくのと同じだ。

「いいな」と思う先輩や上司の話し方を真似てみる、思考法を取り入れてみる。

どんどん近づいていき、教えを請う。

特に、自分とは異なるタイプの人であればあるほど、得るものは多い。』

異なる年齢、異なるタイプの人と会う…

「同年代と群れない」を胸に刻みたい。



人の心に灯をともす 一覧へ戻る