ご注文はこちらから


パクチーのサプリメント・パクチーエナジーゴールド(コリアンダーのサプリメント)
トップページ製品紹介特長・成分会社案内特商法に関する表記買い物カゴ


2018.8.12

「元気です」という言葉

植西聡氏の心に響く言葉より…

運が良い人というのは、不思議なくらいみんなパワフルです。

そして実際に、元気です。

彼らは、元気そうに見えるだけでなく、実際に健康です。

少しくらい睡眠時間が足りなくても、笑顔で乗り切るスタミナを持っています。

「お元気ですか?」と聞くと「ああ。忙しいけど元気だよ。健康だけが取り柄なんだ」なんて言って、いつも笑っています。

考えてみてください。

あなたの近くの上り調子の人たちは、みんな驚くくらい元気だと思いませんか?

そしてプラスの言葉を発していると思いませんか?

いつも青白い顔をしていて、いつもいつも口を開けば、「最近、体調が悪いんだよ。病院で検査を受けてこようかなあ」などと言っている人が、大きな成功を手にしたなんて話、聞いたことがありません。

運の良い人たちは、心の状態がプラスになっていることで、健康状態さえも整えているのです。

そして、プラスの心がプラスのパワーを呼び込むことで、さらに健康になっていくのです。

「体力に自信がなくって」と言う人は、いつもそう言っていることで、実際に体力を失っています。

「胃が痛いことばかり起こるんだよ」と言っている人の心は、マイナスのパワーで一杯です。

そのため、実施にマイナスの力を引き寄せて、自分で胃を痛めているのです。

ツイている人を目指すなら、目標の中に、「健康であること」も付け加えましょう。

そして、「私は元気です」と口に出す習慣を始めてみましょう。

そう言い続けているうちに、本当に健康になる自分に気づくはずです。

同時に、寝る前にストレッチをしたり、朝少し早く起きて呼吸法をしてみるなど、体力作りのための行動を始めれば、あなたの健康運はますます上昇するでしょう。

ツイてる人は、自分の体調もコントロールできます。

「いつも元気です」と言って、実際に健康を保っています。

あなたも言葉を上手に使って、健康な人になってください。

『運がよくなる100の法則 (集英社文庫)』


中村天風師はこう語った。

「たとえ身に病があっても、心まで病(や)ますまい。たとえ運命に非なるものがあっても、心まで悩ますまい」。

だからこそ、「どんな場合にも『こまった』、『弱った』、『情けない』、『腹がたつ』、『助けてくれ』なんていう消極的な言葉を、絶対に口にしないことです」と。

「体と心は別」だ、と中村天風師は言う。

たとえ病気だとしても、心まで病気になってはいけないと。

病気は体がなっているもので、体はつらいかもしれないが、心は別なのだ。

だから、「どんな調子?」と聞かれたときに「(心は)元気です」と答えることができる。

そして、「元気です」とか「楽しい」、「うれしい」、「ありがたい」といつも言っていると、逆に、体も自然と「元気」で「楽しく」て「うれしい」状態になっていく。

どんなときも「元気です」と言える人でありたい。



人の心に灯をともす 一覧へ戻る