ご注文はこちらから


パクチーのサプリメント・パクチーエナジーゴールド(コリアンダーのサプリメント)
トップページ製品紹介特長・成分会社案内特商法に関する表記買い物カゴ


2018.3.24

面白いことが起きたぞ!


斎藤一人さんの心に響く言葉より…

《困ったことが起きたら「面白いことが起きた!」と言ってみな。奇跡が起きるから。》

人間を「成功に導く階段」があります。

それは「困ったこと」なんです。

「困ったこと」が起きたときは、「困ったなぁ」って言わないこと。

なぜなら、階段を一歩降りてしまうことになるから。

だから、困ったことが起きたら、「面白いことが起きたぞ!」と言ってごらん。

階段をひょいと飛び上がることができるから。

「面白いことが起きたぞ!」と言えた時点で、世間にも神様にも「こんなことで困っていないよ!」という宣言になるんです。

このひと言で「あなたの勝ち」が決定するんですよ。

『一日一語 斎藤一人 三六六のメッセージ』ぴあ


斎藤一人さんは本書の中でこんなことを言っている。

《「おいしい」って、言って食べると「おいしい料理」。黙って食べると「ただの料理」。》

『まずいときは、「まずい」って文句を言うくせに、おいしいときに、「おいしい」って、言わない人がいるんだよね。

おいしいときは、「おいしい」って言おうよ。

いっしょに食べてる人も、作った人も嬉しくなるんだよ。

それだけで人生、ずいぶん違うよ』

「言葉は魔法」といわれる。

自分の言った通りになるからだ。

困ったことでも、嫌なことでも、つまらないことでも、それを「面白い!」と言えば、自分の脳はそこから面白いことを探し始める。

「おいしい!」も同じ。

そして、「面白い」も「おいしい」もまわりが明るくなり、喜ぶ言葉だ。

まわりが明るくなって喜び、自分も明るくなって喜ぶ言葉を、どんな時も言うようにする。

言葉は魔法だから。


人の心に灯をともす 一覧へ戻る