ご注文はこちらから


パクチーのサプリメント・パクチーエナジーゴールド(コリアンダーのサプリメント)
トップページ製品紹介特長・成分会社案内特商法に関する表記買い物カゴ


2018.1.21

「疲れる、面倒くさい」という言葉


医師、矢作直樹氏の心に響く言葉より…

たとえは悪いのですが、からだの維持は「蟻地獄(ありじごく)」に似ています。

しっかりと前に進まないと、ずるずる後ろ(下)へと落ちます。

前に進む、つまり常にからだを動かす、鍛えていなければ、ずるずると衰え、さまざまな病気になりやすくなるのです。

皆さんの多くが望んでいる死に方は「ピンピンころり」でしょう。

長いこと寝たきりになる状態を望む人などいません。

でも、と考えます。

ピンピンころりと旅立つためには、まずピンピンしていないといけません。

普段から元気でないといけません。

そのためには、もっとからだを動かすこと。

「疲れる、面倒くさい」

そう考え、楽なほうへと流されないでください。

また、からだは「借り物」という事実をお忘れなく。

私たちのからだは、なるたけ傷をつけずに、他界するその日に天へとお返ししなければなりません。

その意識がなければ、からだへの感謝の念も生まれません。

すこやかに生きる。

身軽に、無理なく生きる。

私たちは皆、地球に住まわせていただいています。

「お天道さまに、生かされている」

この事実を、いつも忘れたくないものです。

『身軽に生きる』海竜社


「疲れる、面倒くさい。こういう気持ちが強いとからだが衰える、つまり老化も早いのです」

と矢作氏は言う。

好きなことや、習慣になっていることを面倒くさい、と思う人はいない。

逆に、苦手なことや、嫌いなこと、必要ないと思っていること、時間がかかりそうなことなどは、面倒だと思ってしまう。

その中の一つが、歩くことや体を動かすこと。

現代は、車社会だ。

特に、公共交通機関の発達していない地方では、ほんのちょっとした距離でも、車で動いてしまう。

都会に住んでいる人より、田舎暮らしの人の方が運動不足、という変な現象にもなっている。

「疲れる、面倒くさい」という言葉を使わず…

体を動かす習慣を身につけたい。


人の心に灯をともす 一覧へ戻る