ご注文はこちらから


パクチーのサプリメント・パクチーエナジーゴールド(コリアンダーのサプリメント)
トップページ製品紹介特長・成分会社案内特商法に関する表記買い物カゴ


2018.1.15

自分で決めたストーリー


斎藤一人さんの心に響く言葉より…

定めの話ってすごく難しいんだけど、簡単に言うとね、私たちはあの世にいるときに、自分で自分のストーリーを決めてくるんだよね。

生れてくる前に、神様と相談して、今世(こんせ)どういうふうに生きていくかを決めてくるの。

運命っていうのを決めてきちゃってるんだよね。

これを「定め」って言うんです。

その定めのなかで今世、魂の修業を通して自分を高めていくの。

もちろん、この世にきてしっかり魂を磨いてよくなる人もいれば、うまく修業できずに悪くなっちゃう人もいるんだよね。

同じ出来事でも、肯定的にとらえる人と否定的にとらえる人がいるからね。

それによって、人生ってあらかじめ描いてきたものとは違ってきちゃうんです。

良くも悪くも変えることができるの。

強い意志を持てば、決めてきたストーリーよりもうんとよくなるし、その反対もあるってことだよね。

『斎藤一人 奇跡を起こす「大丈夫」の法則 (斎藤一人さんの「心が晴れるご神木の話」CD付き)』(舛岡はなゑ)マキノ出版

人は生まれる前に、自分の人生の脚本を書いて生まれてくるという。

それが斎藤一人さんのいう「定め」。

人生を舞台とするなら、脚本を書くのも自分だし、それを演じるのも自分。

たとえば、インフルエンザにかかってしまったとする。

それを「その程度ですんで良かったね」というと、「いやいや、ホント大変だったんだよ、ツイてない、最悪だよ嫌になっちゃう」というように返す人がいる。

「インフルエンザにかかる」というシナリオを自分で書いてきたのに、「この程度ですんで良かった、ラッキー」と思うか、「最悪だ、嫌になっちゃう」と思うか。

どちらの方が、周りの人の気持ちを明るくするか、ほっとさせるかは言うまでもない。

不平不満や、愚痴や泣き言を言わない人は、神様から好かれる。

神様から好かれれば、決めて来たストーリー(脚本)よりも、人生はうんとよくなる。

それが、おかげさまの気持ちと、感謝が多い人。

神様から好かれる人を目指したい。


人の心に灯をともす 一覧へ戻る