ご注文はこちらから


パクチーのサプリメント・パクチーエナジーゴールド(コリアンダーのサプリメント)
トップページ製品紹介特長・成分会社案内特商法に関する表記買い物カゴ


2017.7.23

地力のある人


川北義則氏の心に響く言葉より…

一見、頭のよい人間よりも、どこか鈍な人間のほうが大きな仕事をやり遂げることが多い。

これはなぜだろうか。

理由は二つあるように思える。

ひとつは余計なことを考えないからだ。

「ダメかも知れない」とか「もっとよいやり方があるのでは…」といったことに思いを馳せない。

もうひとつは「繰り返す能力」があることだ。

「反復」ということを軽く見る傾向があるが、人間心理に一番影響を及ぼすのは繰り返しなのである。

つまり余計なことを考えないで、一つ事を繰り返す能力を、鈍といわれるような人は持っているのだ。

この能力は地道な努力、すなわち「地力(じりき)」のようなもの。

つまり鈍と見える人には地力があるのだ。

『ちょっと自分を変えてみる生き方』廣済堂出版


鈍(どん)な人の反対は、鋭(するど)い人。

鋭い感性を持つのはよいが、それが「過ぎる」と問題だ。

過敏(かびん)であったり、神経質であったり、ナーバスになったりする。

だから、何か新しいことを始めるときも、考えすぎてスタートできなかったりする。

反対に、鈍な人は行動が早い。

あまり深く考えないからだ。

自転車に乗ることができるようになったのは、とりあえず乗ってみたから。

いくら考えても、行動しなければ先には進めない。

そして、行動的な人は失敗を恐れない。

「よく若い人に言うのだが、一日も早く“地力”をつけよ、と。

僕はこの“地力”という言葉が好きで、これは人間の足腰を鍛え、少々のことではへこたれない本物の力を意味する。

地力をつけるには、苦労を体験するのが必須条件だ」(土光敏夫)

少々のことではへこたれない、地力のある人をめざしたい。


人の心に灯をともす 一覧へ戻る