ご注文はこちらから


パクチーのサプリメント・パクチーエナジーゴールド(コリアンダーのサプリメント)
トップページ製品紹介特長・成分会社案内特商法に関する表記買い物カゴ


2017.7.4

人の口を借りて話す


レス・ギブリン氏の心に響く言葉より…

相手を説得したいというときに、自分に都合のいい話ばかりしていると、相手は、話の内容だけでなく、あなた自身までもうさんくさいと感じるようになります。

それが人間というものでしょう。

実は、自分に有利な内容を話していても、相手にうさんくさいと感じさせない方法があります。

それは、あなたの意見として話すのではなく、誰か別の人に語ってもらう方法です。

その誰かがその場にいる必要はありません。

その人の名前を借りて話すのです。

たとえば、あなたの売ろうとしている製品が長持ちするかと聞かれたら、次のように答えたらいいのです。

「私の隣に住んでいる人が、4年前から同じものを使っていますが、ずっと調子がいいとおっしゃってます」

その隣人はその場にいるわけではありませんが、質問に答えていることになります。

たとえばあなたがアパートを経営していて、部屋を見にきた人が、静かな環境かどうか心配しているときは、これまでの住人は静かで快適な住まいだと話していた、と言えばいいのです。

以上のように、あなた自身が質問や疑問に答える必要はありません。

隣人や以前の住人が、代わりに答えてくれるのです。

そうすれば、相手は、あなたが答えるよりもずっといい印象を持つでしょう。

考えてみれば変な話ですが、人は、あなた自身が話すことには疑いを持っても、同じことを他人の言葉として聞いた場合は、少しの疑いも持たないものなのです。

うまくいった話と関連づけたり、事実や統計を引用したりして、人の言葉を借りましょう。

『チャンスがやってくる15の習慣―Skill With People』ダイヤモンド社


通販などで、「お客様の声」というのが載っていることがある。

その商品がいかに優れているかを、お客様の言葉を通じて伝えているのだ。

人は、自慢話や自画自賛(じがじさん)する人には、うさんくささを感じる。

しかし、誰かから聞いた他人の評判は信じる。

客観性があるからだ。

それは、数字や統計、具体的な事実も同じ。

具体的事実のつながりで話すと、話は伝わりやすい。


人の心に灯をともす 一覧へ戻る