ご注文はこちらから


パクチーのサプリメント・パクチーエナジーゴールド(コリアンダーのサプリメント)
トップページ製品紹介特長・成分会社案内特商法に関する表記買い物カゴ


2017.5.25

私の本当の使命は何でしょうか


小林正観さんの心に響く言葉より…

1年に何人か、次のような質問をする人がいます。

「私の『本当の使命』は何でしょうか。本当の自分探しを20年やっているのですが、まだ『本当の使命』が見つかりません」

「あなたは、今、何をやっているのですか」

「主婦です」

「主婦なんですね。じゃあ、夫と子ども、まわりの家族に対してできることを、ただ淡々とやっていけばいいわけですよね。まずは、目の前のことをやる。目の前のことをやらないと、神様は上から見ていて、『家庭のこともちゃんとやれないのだから、ほかのことは任せられないよね』と思っているのかもしれませんよ」

パッと服を脱ぎ捨てて、突然、「スーパーマン」になることを夢見ている人が、世の中にはたくさんいます。

でも、「今とは違う別のところに、すごい役割やすごい能力が隠されていることは」は、残念ながらありません。

今、生きている「私」が、すでに「100点満点」なのだから、「今、やらされていること」を普通に淡々とやって、淡々と死ぬのが、「人生をまっとうすること」だと私は思います。

講演会が終わってから、私に、次のような質問をした方がいます。

「2年前、有名な神社の境内を歩いていたら、白い光が私の体に入ってきました。パアッとすごい光に包まれたのですが、あれはいったいなんだったのでしょうか?」

私の答え。

「単なる勘違いだと思います」

この人は、「あなたは、きっとすごい人なんだ。それはすごい現象だ」と私に言われたかったのでしょう。

けれど、私は「唯物論者(ゆいぶつろんじゃ・現象が「物質的」に現れない限り信じない)」です。

本当に特別な力を持った光が体に入ったのだとしたら、すでに、私に聞く必要はなかったはずです。

すごい人になったのなら「あれをやっても、これをやっても、何でもうまくいって、すでにひっぱりだこの状態になっている」と思います。

「あれは何だったのでしょうか?」と聞きに来るということは、現時点で、「何も起きていないから」であり、2年間も何も起きていないということは、「単なる勘違い」と考えるほかありません。

「自分には、何かすごいことをやる使命があるはずだ」と思っている人ほど、「目の前の人・こと・もの」を大事にしていないのかもしれません。

「頼まれたこと」を誠実にこなしている人に、「これをクリアしたので、次は別のことをやらせてみようかな…」と、神様だったら思うのではないでしょうか。

『ありがとうの奇跡』ダイヤモンド社


小林正観さんは、「頼まれたことがあったら、それをできるだけ全部引き受ける」という。

頼まれごととは、PTAや町内会、あるいは公的なボランティアのようなものから、会社や家庭の仕事も含まれる。

今、目の前に与えられた仕事だ。

ときには、自分の苦手なことも頼まれたりする。

しかし意外に、自分の苦手なことや、不得意なことの中に、人生の転機のキッカケやチャンスになることがあったりする。

だからこそ、「頼まれごと」は、文句を言わず、面白がって、淡々と引き受けることが必要だ。

頼まれごとを何年にもわたって、淡々とやっていくと、自分の使命が見えてくる。

どんな方向に動かされているのか、という神の意志のようなものをそこに感じるからだ。

自分に与えられた目の前の仕事を、淡々と一所懸命にやっている人のところにしか、次のステップはやってこない。

今の生き方がチャランポランな人に、次の飛躍につながる大きなチャンスなどはこないからだ。

まずは、目の前に与えられた仕事を一所懸命に取り組みたい。


人の心に灯をともす 一覧へ戻る