ご注文はこちらから


パクチーのサプリメント・パクチーエナジーゴールド(コリアンダーのサプリメント)
トップページ製品紹介特長・成分会社案内特商法に関する表記買い物カゴ


2017.3.26

本当に強い人は、打たれ強い人


小林正観さんの心に響く言葉より…

自分の思い通りの人生を歩いている人は、ほとんどいないと思います。

受験や就職試験に落ちることもあります。

会社に入り、上司から怒られたり怒鳴られたりすることもあるでしょう。

仕事をクビになることもあります。

そのときに、ニコニコと淡々と生きていくことが、「本当に強い」ということです。

「こんなにがんばっているのに…」

「あなたが〇〇だから…」

と言う人は、認めたくない、受け入れたくないという気持ちがあります。

このように、がんばって全部自分の思い通りにするぞと思っている人は、むしろ弱いのかもしれません。

本当に強い人は、打たれ強い人です。

自分の思い通りにならないものを、何十、何百と味わったとしても、すべて受け入れて「そういうこともあるよね」と笑っている人でしょう。

夫や上司から「バカだよね」と言われたら、「そうなんです。私、実はバカだったんです」と認められること。

認めてしまえる人のほうが、はるかに強いのです。

『日々の暮らしを楽にする』Gakken


日々生活していると、いいことばかりではなく、嫌な事や気持ちが落ちこむような事も多くある。

嫌な事があったとき、片っ端から相手と論争して決着をつける、という方法もある。

しかし、たいていそれはうまくいかない。

なぜなら、相手を変えることはできないからだ。

相手は相手で自分のことは正しいと思っている。

また、怒鳴ったり怒ったり、脅したりする人もいる。

そういう人たちには、すべて「幼児性」がある。

人前で強がりたいとか、威張りたいという気持ちだ。

それに対するには自分が大人になること。

同じように感情的になって怒ってしまったら、子ども同士のケンカになってしまう。

嫌なことに出合ったら、それらをいちいち「気にしない」訓練をすること。

「気にしない」をずっと続ければ、「気にならない」になる。

「打たれ強い人」は、嫌なことがあっても「気にならない」人。

打たれ強い人になりたい。


人の心に灯をともす 一覧へ戻る