ご注文はこちらから


パクチーのサプリメント・パクチーエナジーゴールド(コリアンダーのサプリメント)
トップページ製品紹介特長・成分会社案内特商法に関する表記買い物カゴ


2017.1.20

チャンスはいたるところにある


ジェリー・ミンチントン氏の心に響く言葉より…

「チャンスは一度しかめぐってこない」とよく言われるが、 それはまったく事実に反している。

おそらく、想像力の乏しい悲観論者の考え方だろう。

実際は、あなたの周りにチャンスはいくらでもころがっている。

ただ、よく注意していないので気がつかないだけなのだ。

では、どうすればチャンスが見つかるだろうか?

イギリスの名宰相チャーチルは「 悲観論者はチャンスの中に困難を見るが、 楽観論者は困難の中にチャンスを見る」と言っている。

アインシュタインも同じ意見で、「 困難の中にはチャンスが隠されている」という言葉を残している。

チャンスはいたるところにある。

積極的にチャンスを探そう。

最も簡単な方法は、 身近なニーズを見つけてそれを満たす工夫をすることだ。

実際、一部の人はこの方法を絶えず実践して成功をおさめている。

チャンスが到来するのをじっと待っていてはいけない。

チャンスは自ら見つけるものなのだ。

発明王エジソンが面白いことを言っている。

「ほとんどの人がチャンスを見逃してしまうのは、チャンスが作業服を着ていて、いかにも大変そうに見えるからだ」

《常にアンテナを張りめぐらせて社会のニーズを見つけよう。どれほど困難な状況でも、必ずチャンスはある》

『自分の価値に気づくヒント (ディスカヴァー携書)』


幸運は不幸の顔をして現れるという。

運やチャンスも同じで、困難や大変そうな中に隠れている。

実際、あの大変な出来事があったから、今の自分がある、と後になって思えることは多い。

だが当たり前の話だが、その困難や大変なことから逃げている人には、チャンスは永遠に訪れない。

嫌なことがあったとき、「これは後でネタになる」と思えるかどうか。

自分がそれを乗り越えたとき、ネタとして話すことができる。

そうほんとうに思っている人は、その困難なことをちゃんと記録しておく。

自分が壇上に上がって講演するときのイメージをありありと思い浮かべることができるからだ。

「チャンスはいたるところにある」

困難の中にチャンスを見つけ出せる人でありたい。


人の心に灯をともす 一覧へ戻る