ご注文はこちらから


パクチーのサプリメント・パクチーエナジーゴールド(コリアンダーのサプリメント)
トップページ製品紹介特長・成分会社案内特商法に関する表記買い物カゴ


2017.1.19

他人を許し、その幸せを願う


ジェームズ・スベンソン氏の心に響く言葉より…

どんなに豊かで、さまざまな恩恵を受けることができる国に暮らしていようとも、人びとの争いが絶えない原因はなんだろうか?

職場や学校、店内、路上など、あらゆる場所でもめごとが発生し、訴訟が日常化しているのは決して健全なことではない。

アメリカの著名な牧師ジェームズ・ムニハン師は、こう指摘している。

「現代社会を蝕(むしば)んでいる最大の病弊は、人を許す能力の欠如である。

人びとは誰かに不当な扱いを受けると、それをずっと根に持って復讐の機会をうかがっているのが現状だ。

しかし、そういう姿勢は精神的な未熟さのなせるわざである」

言いかえれば、ほとんどの場合、人を許すことができないのは、本当の意味で成熟していない証しなのだ。

どんな仕事であれ、独力で成功することは絶対にできない。

成功の秘訣の中で不可欠なのは、人とうまくやっていくことである。

人を許さない人は、この真理をまだ学んでいないし、たいていの場合、成功していない。

人を許すための画期的な方法を紹介しよう。

1.相手の幸せを願う習慣をつける。

「私はあの人を許し、あの人の幸せを願う」と唱えよう。ポジティブな言葉は心に平和をもたらす。

2.相手の長所を見つける。

人はみな、長所を持っている。相手の長所を見つけたら、それに意識を向けよう。敵意は自然に消える。

3.相手を許すことを本人に伝える。

自分を傷つけた人を許せば、自分の寛大さに誇りを持つことができる。しかも、相手の尊敬を得ることができる。

『希望と幸福に満ちた人生の扉をひらく50の法則』ディスカヴァー


他人の不幸や失敗を願って、成功した人はいない。

脳は、発する言葉の人称を選ばないという。

つまり、人の失敗を願っているつもりが、自分のことと勘違いするのが脳の構造。

いつまでも過去にこだわり、許さない人も同じ。

自分のことを、非難したり、罵(ののし)ったり、怒ったり、馬鹿にしていることになる。

これは、人と人のみならず、国と国の関係でも同じ。

「人を許すことができないのは、本当の意味で成熟していない証し」

他人を許し、その幸せを願う人でありたい。


人の心に灯をともす 一覧へ戻る