ご注文はこちらから


パクチーのサプリメント・パクチーエナジーゴールド(コリアンダーのサプリメント)
トップページ製品紹介特長・成分会社案内特商法に関する表記買い物カゴ


2017.1.6

生きる喜びが湧いてくる方法


100歳の精神科医、高橋幸枝氏の心に響く言葉より…

私は元気なときには「老齢だからいつ死んでもよい」と威勢よく話しています。

でも、「私にも生きることへの執着が強くあるのだな」と実感するのは、体調を崩したときです。

たとえば、風邪や発熱に見舞われたときは「大丈夫かしら」と不安になります。

歳を重ねるにつれ、そのような時間はおのずと増えるようになりました。

そして「生きることは、不安と共生しているようなものだ」とつくづく思うようにもなりました。

「生老病死」という言葉があります。

仏教の言葉で「生まれること」「老いること」「病むこと」「死ぬこと」という、4つの苦しみを指します。

とくに「老い」「病気」「死」への不安というのは、中高年以降にとっては大きな問題であることでしょう。

これらの不安に苦しめられないためには、それよりも大きな「生きる喜び」を感じるようにするのが早道です。

では、生きる喜びとは、いったいどのようなものでしょう。

それは、誰かに与えられることを待っているのではなく、自分から積極的に見出していく性質のものです。

たとえば、植物や動物と語り合い、なるべく自然を取り入れた暮らしを送ること。

そこで、「自分も自然の一部である」と感じること。

仲間と過ごす時間を大切にすること。

そこで、「自分にもわかり合える仲間がいる」と感じること。

つまり、「ひとりぼっちではない」と感じたときに、生きる喜びは湧いてきます。

そして、生きる喜びがあれば、「老い」「病気」「死」への不安など、はるかに凌駕(りょうが)することができるはずです。

『100歳の精神科医が見つけた こころの匙加減』飛鳥新社


人は健康で元気なときは、誰でも威勢がいい。

しかし、ひとたび病気になったり、具合が悪くなって寝込んだりすると、途端に気持ちが落ち込んでくる。

体と心は密接に結びついているからだ。

「なにか悲しいこと、辛いこと、そのほか消極的な出来事があったら、努めて『笑う』ようにしてごらん」(中村天風)

不安を解消する方法は、不安ではなく、明るいこと、笑うこと、面白いことに焦点(しょうてん)を当てること。

そして、もう一つは、

「人はやっぱり、生身の人と1日1回は話をしなければだめ」(高橋幸枝)

仲間がいることを実感すること。

「生きる喜びが湧いてくる」

楽しいこと、明るいことに焦点を当てる生き方をしたい。


人の心に灯をともす 一覧へ戻る