ご注文はこちらから


パクチーのサプリメント・パクチーエナジーゴールド(コリアンダーのサプリメント)
トップページ製品紹介特長・成分会社案内特商法に関する表記買い物カゴ


2016.11.9

嫉妬はチャンス

医学博士、中野信子氏の心に響く言葉より…

《「嫉妬(しっと)」や「妬(ねた)み」を感じる人ほど生きる力がある》

不快な感情と戦い、克服してきた個体ほど生命力が強く、生き延びてきました。

嫉妬、妬み、羨(うらや)ましさを感じるというのは、それだけ生きる力があるということ。

それらの感情は、個体を強化するチャンスなのです。

ただ、過度なネガティブ感情は集団の行動を乱す側面があります。

当たり前に生じるネガティブ感情と自分が、どう向き合うか。

一度、脳で認知すると消去はできないんで、抑えるのは一番ダメ。

上手に付き合っていく方法を身につけるべきでしょう。

『生きるのが楽しくなる脳に効く言葉 (カリスマの言葉シリーズ)』セブン&アイ出版


「発憤忘食(はっぷんぼうしょく)」

という孔子の言葉がある。

憤(いきどお)りを発して、食べることも忘れる、ということだ。

嫉妬や妬みは、愚痴や悪口、文句を言ったり、人を非難したりするようになるネガティブな感情だ。

しかし、それが自分を奮い立たせるための発憤の材料となるなら、それもまた必要なポジティブ感情となる。

嫉妬や妬みという感情は一般的にはない方がよいとされている。

負の怨念(おんねん)のようなイメージがあるからだ。

だが、人間は、怒りも含めて、喜怒哀楽の感情の起伏が激しい人の方が、生きる力もあり人間的魅力がある、というのも事実だ。

全く感情の起伏のない、ロボットのような人が好かれるとは到底思えない。

「嫉妬はチャンス」

生きる力を身につけたい。



人の心に灯をともす 一覧へ戻る