ご注文はこちらから


パクチーのサプリメント・パクチーエナジーゴールド(コリアンダーのサプリメント)
トップページ製品紹介特長・成分会社案内特商法に関する表記買い物カゴ


2016.11.1

闇夜ではローソクの光だって、価値がある

斎藤一人さんの心に響く言葉より…

景気のいいときに、「景気のいい話」をするのは当たり前。

そうじゃなくて、景気の悪いときに、「景気のいい話」 をするのが大事なの。

みんながやる気のないときに、 やる気を出すから光り輝くんですよね。

みんながやる気のあるときに、やる気を出すと、 ただの人になっちゃって、出世も何もできないんだよね。

そういうことだから、国が疲れている、社会が疲れている、 時代が疲れている、会社が疲れている、っていうところで、 明るい顔してるとか、「社長、がんばりましょうよ!」 って言ってる社員が伸びるんだよね。

だから、まわりが疲れているときは、チャンスなんだよ。

世の中が明るかったとすると、 明るい光でも目立たなかったんだけど、 世の中が暗闇になっちゃえば、あなたがロウソク程度の光でも、 目立っちゃうんです。

灯していれば、チャンスなんだよね。

闇夜だったら、どんなちっちゃいローソクの光だって、 価値があるんだよ。

だから、明るい顔してるとか、「社長、がんばりましょうよ!」 って言ってる社員が、これからは出てくるんです。

闇夜だからこそ、あなたの光が必要なんだ、って。

終戦後、焼け野原になって、全員が「日本は駄目だ」 と思ったときに、松下幸之助さんだとかそういう人たちが、 違うこと思ってたの。

「俺たちの時代が来た。焼け野原だから、全部に家が建つんだ」 とか思って、 一部のそういう人たちが世の中を引っぱってきたんだよね。

だから、今こそ、どんな小さい光でも評価されるときなんだよ。

今は笑顔が評価されるんだよ。

だから、今がんばらなきゃいけないんだ。

今やる気を出さなきゃいけないんだ。

そしたら、すごい報われるんですよ。

『斎藤一人 人生が全部うまくいく話 (知的生きかた文庫)』


「一燈(いっとう)を提(さ)げて暗夜(あんや)を行く。 暗夜を憂(うれ)うること勿(なか)れ、只(ただ)一燈を頼め」(言志四録)

幕末の儒学者、佐藤一斎の言葉だ。

一つの灯(あか)りを提げて暗い夜道を行くとき、その暗い夜道を憂えても仕方がない。

我々ができることは、今、手にしているそのたった一つの灯りを信じて、ただひたすら前に進むしかない。

人の気持ちを「明るくする人」と、反対に「暗くする人」がいる。

「明るくする人」は、どんな困難な状態(暗夜)にあってもその中から、希望や、未来、元気になることなど、よくなりそうなことを探し出す。

反対に、「暗くする人」は、困難な状態の中から、絶望や、落胆、憂鬱(ゆううつ)など、ダメになりそうなことを探し出す。

明るくする人には、笑顔がある。

闇夜に一燈を灯す人でありたい。



人の心に灯をともす 一覧へ戻る