ご注文はこちらから


パクチーのサプリメント・パクチーエナジーゴールド(コリアンダーのサプリメント)
トップページ製品紹介特長・成分会社案内特商法に関する表記買い物カゴ


2016.10.11

運の強化書

山崎拓巳氏の心に響く言葉より…

皆さんのまわりにも「あの人、いつも運がいいよなあ」と思うような人ががいませんか?

そんな人に共通しているのは「陽気、明るい」ということ。

「あの人、いつも暗くて、負のオーラが出ていて、だけどなんだか運がいいんだよね」なんていう人は、あまりいないですよね。

それって、性格の問題でしょうか?

だったら、自分はいつもそんなに陽気なほうじゃないし、とても強運になれないよと思うかもしれませんが、そうじゃないんです。

運がいい人が陽気で明るいのは、必ずしも性格からくるのではなく、自分の基本的マインドセット(心持ち)として「快」でいることを常に心がけているからなんですね。

いろんな人から「ためになる話」を聞くのが好き。

「そうか、なるほど」と合点がいく瞬間が好き。

こんなふうにいろいろな「好きな瞬間」をいっぱい持っているってこと。

そして大事なのは、そういった自分の状態をいつもちゃんと認識していて「あ、ちょっと迷ってる」「(運が)下がってる」ということも見逃さないことです。

運がいい人だって人間です。

迷うこともあれば悩むこともある。

ただ、1つだけ違うのは、そこからどんな状態に自分を持っていきたいのか、自分が「快」の感情になれる出口をちゃんと見ているということでしょう。

僕の場合はどうしているかというと、かつてこんなことがありました。

あるとき、右手を痛めてしまって曲げにくくなったのです。

もう、すっごく不自由。

毎日、すごい数のメールを打ったりパソコンでやらないといけない仕事があるのに、ゆっくりしか手を動かせないので「あー、もうっ!」ってなります。

そこで「そうか、『快』の感情になれる出口を探そう」と考えました。

すると「まったく手が使えないわけじゃない」という出口が見えたんです。

今の状態が、実は出口だった―。

だとすると、打ち間違えても「そうか、これはゆっくりやれってことだ」と認識して、いつもより丁寧に気持ちを込めてメールを打てました。

すると、そうやってゆったり仕事をしていることが「わりと心地いいじゃん」と思えてきたのです。

これって、すごく不思議でした。

生きているといろんな出来事がありますが、それと向き合う自分には2つの視点が必要です。

「事実」と「意味づけ」という視点です。

通常、何か失敗をしてツイてないなぁと凹んだときは「失敗した(事実)」と「ツイてない(意味づけ)」がセットになっているわけです。

どんな出来事や結果もそうですが、起こっていることの「事実」は変えられません。

何かの失敗をしたとしても「失敗はなかった」というのはウソです。

それは事実を隠蔽してしまっているのでダメ。

事実は神様が決める出来事なのだから、それは受け入れるしかない。

だけど意味づけのほうは、自分がやっていることなので変えてもOK。

運がいい人というのは、基本的にそんなふうに「事実を受け入れて、意味づけで出口を探す」というマインドセットを習慣化しています。

変えられるものを変える勇気。

変えられないものは受け入れる広い心。

その違いがわかる知恵を手放したくないですよね。

ちょっと自分のマインドセットが落ちこんでるなぁ、と感じたときは、そんなことを自分に言い聞かせて(アファメーションして)自分で「快」になれる出口を見つけるようにしてみてください。

『運の強化書』SBクリエイティブ


自分の基本的マインドセット(心持ち)として「快」でいることを多くするには、「好きな瞬間」をいっぱい持っているってことだという。

それは、ちょっとしたことでも、笑ったり、驚いたり、あるいは、相手の話をよく聞いて、大きくうなづいたリ、あいづちうったりできる人のことでもある。

好きな瞬間とは、肯定し、共感する瞬間でもあるからだ。

中でも、最高の肯定は「笑い」。

しょっちゅう笑っている人に暗い人はいないし、ツイてない人もいない。

また、「事実」と「意味づけ」とは、小林正観さんのいう「見方道」と同じ。

小林正観さんは、すべての物事、事象には、「幸、不幸」はないという。

それは、それを「幸福と感じる人」と、「不幸と感じる人」がいるだけ。

それはたとえば、転んでケガをして、「この程度ですんでよかった、ありがたい、幸せ」と思う人と、「まったくツイてない、最悪だ、不幸だ」と思う人がいる。

運をよくするには、「笑い」と「見方道」。

運を強くする方法を身につけたい。



人の心に灯をともす 一覧へ戻る