ご注文はこちらから


パクチーのサプリメント・パクチーエナジーゴールド(コリアンダーのサプリメント)
トップページ製品紹介特長・成分会社案内特商法に関する表記買い物カゴ


2016.8.11

三つの「さ」


小林正観さんの心に響く言葉より…

どんな会社に勤めても、誰もが何度かは「辞めたい」と思ったことがあるでしょう。

そのときに「喧嘩別れ」をするのはいけません。

会社がどうであっても、仕事をするうえで大切なのは三つの「さ」、「ひたむきさ」「誠実さ」「奥深さ」です。

「ひたむき」で「誠実」な仕事ぶりであれば、会社を辞めても評価が残ります。

また、「奥深さ」があれば、「おもしろい人」「魅力的な人」として生涯ずっとつきあっていきたい存在になります。

これは、同僚であっても、上司であっても同じことです。

「自分が勤めた会社」は自分の味方にするものであって、敵にするものではありません。

あなたが「ひたむき」で「誠実」であれば、辞めた会社の人とも良好な関係が続いていくはずです。

すると、「良好な関係なら辞める必要はないじゃないか」と思う人も出てきます。

そういうときは、「仕事がつまらない」とか「合っていない」と思っても、会社を辞めずに仕事を続ければいいでしょう。

それは、「人間関係の問題にすぎなかった」ということに気づいた結果です。

『心を軽くする言葉-宇宙を味方の「か・が・み」の法則』イースト・プレス


自分が勤めた会社、あるいは卒業した学校、所属した会や組織を敵にまわす人がいる。

前にいたところの、悪口をいうからだ。

喧嘩分けれした途端、今までつちかってきた人脈やご縁はゼロになってしまうどころか、足を引っ張る存在となる。

味方を増やさずして、敵を増やすなら、人生は生きづらくなる。

出合う人すべてを味方にするのか、敵にするのか。

「ひたむきさ」と「誠実さ」と「奥深さ」があれば、味方は増える。

三つの「さ」を大事にしたい。


人の心に灯をともす 一覧へ戻る