ご注文はこちらから


パクチーのサプリメント・パクチーエナジーゴールド(コリアンダーのサプリメント)
トップページ製品紹介特長・成分会社案内特商法に関する表記買い物カゴ


2016.7.17

つながりの経済

藤村正宏氏の心に響く言葉より…

スマートフォンの性能がよくなり容量も増えたことで、現在、専用機といわれている商品が売れなくなっています。

たとえばiPodに代表されるデジタルミュージックプレイヤーや、コンパクトデジタルカメラなどです。

最盛期の5分の1くらいの売上になっている。

そんな中でもカーナビはコンスタントに売れているそうです。

それは新車にはほぼ標準装備されているから。

だけど、このままだといずれ消え去る商品だろうなって思うわけです。

これまでのマーケティングのシナリオは以下の3つのどれかを選ぶというのが、定説でした。

@高性能の質の高いものを提供する

Aどこよりも安くする

B狭いターゲットと専門性

そして、この3つを同時に達成することは不可能だといわれていました。

ところが、スマホのアプリはこの3つを同時に実現しています。

ヤフー!カーナビもグーグルマップも最新のコンテンツにアップロードされています。

おまけにアプリは無料です。

そして、使っている人にカスタマイズされていく。

●性能がいい

●無料

●ユーザーにカスタマイズ

こんな特性を同時に持つ商品が登場しているのですから、もう昔のマーケティングの思考が通用しなくなっているってことです。

世の中、激しい勢いで変わっています。

昔の考え方のままでビジネスをしていると、ある日突然、業界がなくなっていることもあるかもしれません。

今、もっとも大事なこと。

それは、世の中の変化を認識することです。

世の中に流通する情報量が爆発的に多くなりました。

そんな環境ですから、あなたの会社の販促物を見てもらえるというのは奇跡的なこと。

あなたの会社の販促物もその膨大な情報のひとつなのですから。

スマートフォンの普及が、人々の消費を変えました。

スマホを使っている人は、場所も時間も選ばず、24時間365日インターネットにつながっている。

だから、真夜中に商品が欲しくなっても、すぐに買い物ができる。

実際の店舗で商品を見て、その売り場でスマホを使って値段の比較も瞬時にできる。

品揃えが多いとか、価格が安いとか、そんなものはもはや「価値」ではありません。

さらにスマホでゲームをしたり、音楽を聴いたり、映画やドラマを観たり、娯楽の部分で活用している人も多い。

あなたのお店にわざわざ行く時間、あなたのブログを見てもらう時間、あなたの会社の販促物を見てもらう時間は、確実にスマホに奪われています。

SNSの日常化で、人々はつながりやすくなり、友達や知り合いとのコミュニケーション時間が増えています。

これが、マーケティング的に影響を与えないわけがありません。

好むと好まざるとにかかわらず、SNSを利用している人々の行動は、すべての企業活動に影響を与えます。

さらに、SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)は、リアルのソーシャル(社会)に近づこうと加速度を付けて進化しています。

もはや水道や電気のようなインフラに近づいているということ。

いや、もうすでに完全にインフラ化しているということ。

フェイスブックやツイッター、インスタグラム、LINEなど、年代や性別を問わず、みんな普通に使いまくっていて、特別なものではなくなっています。

そういう環境で、今までのような新規顧客獲得を目的にしたマーケティングをやっていたら、なかなかうまくいかないのは当然のことです。

従来のマーケティングは通用しなくなってきている。

そう思ったほうがいい。

こんな状況下では、たくさんの人との「つながり」が一番重要になってきます。

だから、買ってもらう前から、SNSでコミュニケーションすることが大事なのです。

SNSで楽しみながら、関係性をつくり出し、深めていく。

あなたを中心として、お客さまのコミュニティができあがったら、これほど強いことはありません。

『「つながり」で売る! 7つの法則』日本経済新聞出版社


藤村正宏氏は同書の中でこう語る。

「たくさんの共感する人とつながり、コミュニティができあがっていくと、ビジネスはとっても楽になります。

すでにあなたに共感してくれている人たちです。

当然クレームをいう人も、値引きを要求する人も、少なくなります。

見ず知らずの人からはモノは買わない時代になっていく。

人は、似たようなモノを買う場合、関係性の深いほうでモノを買う。

SNSの登場で、多種多様な関係性がつくりやすくなった。

人は多くの人とつながっているのです。

それが究極まで到達すると、必要なものはすべて知り合いから買う時代になるのです」

藤村氏はこれを「つながりの経済」と言っている。

時代は激変している。

技術革新によって2030年までに現在存在している仕事の50%が消えてしまう、という衝撃的な話もある。

時代の変化に取り残されないよう、日々の学びと実践を怠らない人でありたい。



人の心に灯をともす 一覧へ戻る