ご注文はこちらから


パクチーのサプリメント・パクチーエナジーゴールド(コリアンダーのサプリメント)
トップページ製品紹介特長・成分会社案内特商法に関する表記買い物カゴ


2016.7.13

何気なく口にしたことが運勢を変える

斎藤一人さんの心に響く言葉より…

《何気なく口にしたことが運勢を悪くしていることも》

私たちは一人ひとり、素晴らしいものをもって生まれました。

でも、私たちの「為(な)す」ことに“完ぺき”はありません。

ついうっかり他人をさげすむようなことを言っちゃうことも、ときにはあるでしょう。

ただ、そんなことでも、自分の運勢が悪くなってしまうんですよ。

自分が何気なくしていることが、運勢を悪くしていくなんて絶対に嫌だと、もし、あなたが思うのならば、これから私が話すことがお役に立つかもしれません。

ただし、私の思いとしては、みなさんに強要するつもりは一つもありません。

そのことをあらかじめお伝えしておきますね。

まず、「キャバクラなんて…」という言い方を私はしない人間でありたいと思っています。

そういう言い方はよくないよな、って思っているんです。

キャバクラに行ってる人は自分のお金で遊んでるんだし、また、そういうところで生きている人もいます。

シングルマザーみたいな女性で、キャバクラで働いて子どもに食べさせたり、学校へ行かせたりしている人もいるんです。

他人のことを、何がいけない、かにがいけない…いろいろ言いたくて、言いたくてしょうがない…という人は言えばいいのです。

ホントにいいんですよ。

ただ、天網恢恢疎(てんもうかいかいそ)にして漏らさず、と言うのです。

簡単に言うとね、…天の神さまがそれを見ていますよ、ごまかしがききませんよ、って言うんです。

わかりますか?

「クラシック音楽はいいけど、演歌はいけない」みたいなことを思う。

演歌を聴いているお客さんに、柄の悪い人がいるのかもわかんないけど、柄のいい人もいる。

クラシックを聴いている人も同じですよ。

柄が悪いのも、いいのもいるんです。

ともかく、どこへ遊びに行こうが、どこでお金を使おうが、自分のお金を使うんですよね。

だったら、そこで好かれたほうがいいよな、って思うんです。

だって、自分のお金を使って、身銭切ってまでして「嫌なお客だ」とか言われたら自分がかわいそすぎだもん(笑)。

《他人のよくないところを指摘ばかりしていても、運勢はよくならない(悪いところばかりを指摘されて気分のいい人はいない)》

『絶対、よくなる!』PHP


何かにつけ人をバカにしたり、見下げてみる人がいる。

自分がよっぽどエライと思っている人だ。

それは、お金を払っているから俺はお客だ、と威張る人と同じ。

威張る人は、人の話を聞かないで、人のアラを探して指摘するタイプが多い。

自分中心だからだ。

悪口を言ったり、非難したり、怒ったりして嫌われる。

それはつまり、多様性を認めない人。

自分の価値観だけを大事にし、人の価値観を認めない。

運勢の良くなる人は…

他人の価値観を大事にし、悪口を言わない人。

他人に好かれる人でありたい。



人の心に灯をともす 一覧へ戻る