ご注文はこちらから


パクチーのサプリメント・パクチーエナジーゴールド(コリアンダーのサプリメント)
トップページ製品紹介特長・成分会社案内特商法に関する表記買い物カゴ


2016.6.7

あとからくる者たちのために

鍵山秀三郎氏の心に響く言葉より…

人間というのは、自分が好むと好まざるとにかかわらず、1年ごとに自分よりあとに生まれた人のほうが多くなります。

私はあと50日ほどで72歳になるんです。

だからいま、日本中はもちろんのこと、世界にも、私より先に生まれた人は少なくて、私よりあとに生まれた人のほうが圧倒的に多いわけです。

そういうことを考えますと、人間はどのようにして生きたらいいかと思うようになります。

愛媛県松山市の砥部町というところに、坂村真民先生という方がいらっしゃいます。

この方は1万7千もの詩をつくっておられるのですけれども、その中に、「あとからくる者のために」という題の詩があります。

あとからくる者のために

苦労をするのだ

我慢をするのだ

田を耕し

種を用意しておくのだ

あとからくる者のために

しんみんよお前は

詩を書いておくのだ

あとからくる者のために

山を川を海を

きれいにしておくのだ

あああとからくる者のために

みなそれぞれの力を傾けるのだ

あの可愛い者たちのために

未来を受け継ぐ者たちのために

みな夫々(それぞれ)自分で出来る何かをしてゆくのだ


このように、自分のあとに生まれてくる人たちのために、自分には何ができるのかと考えることは、とても大切なことだと私は思っています。

だから、いつもこのことを考えながら行動をし、毎日の暮らしをし、生きていただきたいと思うんです。

何も考えずに、ただ年々、年だけ取っていくという生き方をしていると、無駄(むだ)な人生を送ることになってしまいます。

『あとからくる君たちへ伝えたいこと』致知出版社


あとからくる者たちに残せるものとして、自分としては何があるのかを考えるのは大事なことだ。

それは、仕事だったり、よき習慣だったり、よき思想だったり、よき生きざまだったりする。

反対に、悪いイメージや悪影響しか残せない人もいるかもしれない。

芸術家は作品として。

経営者は会社として。

先生は生徒の心に。

母親や父親は子どもの魂に。

そして、山や川や海や町や村や自分のまわりをきれいにする。

ありとあらゆる立場の人が、それぞれの立場で自分のベストを尽くし、その種をまく。

あとからくる者たちのために何かを残したい。



人の心に灯をともす 一覧へ戻る