ご注文はこちらから


パクチーのサプリメント・パクチーエナジーゴールド(コリアンダーのサプリメント)
トップページ製品紹介特長・成分会社案内特商法に関する表記買い物カゴ


2016.5.18

この世は不条理、だから人生は面白い

松原泰道氏の心に響く言葉より…

「どんなに苦しくても、難しくても

憎き相手に自分を重ねてみる。

すると理解の余地が生まれるかもしれません。

許せようと許せまいと、

不可能だとわかっていても

やらなければならないことが

人間にはあるのです

この世は不条理。

だから人生は面白い」

世の中は不条理なものです。

すべてに一本の筋が折り目正しく通っているわけではありません。

むしろ条理に合わないことだらけなのではないでしょうか。

小説家の曽野綾子さんは「不条理だからこそ世の中である」と断言しています。

たとえば金持ちが成功し、貧乏人が失敗する。

善人の結果が良くて、悪人の結果が悪いということが条理であるならば、いよいよ善人は傲慢になり、悪人はいよいよ卑屈になるでしょう。

でも、この世が不条理であればこそ、金持ちが必ずしも成功するとは限らないし、貧乏だからといって必ずしも失敗するとも限らない。

それが決まっていないところに人生の面白味があり、人生の生き甲斐が生まれてくるのです。

『つまずくことが多い人ほど、大きなものを掴んで成功している。 日本人への遺言 (magazinehouse pocket)』マガジンハウス


合氣道の佐々木将人氏の「人生観」という詩がある。

「位(くらい)、人臣極めた王侯も、名もなき一介の凡人も、目は二つで鼻一つ、

足で歩いて手で掴み、尻でもの言うひとはない。

立って半帖、寝て一帖、天下を盗っても四帖半。

着物は一着、ご飯は二杯。

寝だめ食いだめ着だめも出来ず、厠(かわや)の姿は皆同じ。

風呂に入る時は皆裸。

何かあるのが人生で、幸も不幸も生きている証拠。

嵐の中でも時がたつ、過ぎて仕舞えば屁の如し。

泣いて暮らすも笑ふて住むも、同じこの世の浮世なり。

貧も病いも人生の糧(かて)。

然も心は現在を要し、昨日は返すに由(よし)なく、

明日は未だ我が手に非ずの今、今の中今に立つ。

されば心と体にはより多くの喜びと楽しみを与えつつ、

悠々と人生道を味ふ」

何かあるのが人生で、何もかも思った通りにいく人など、この世に一人も存在しない。

「この世は不条理、だから人生は面白い」

悠々と人生道を味わいたい。



人の心に灯をともす 一覧へ戻る