ご注文はこちらから


パクチーのサプリメント・パクチーエナジーゴールド(コリアンダーのサプリメント)
トップページ製品紹介特長・成分会社案内特商法に関する表記買い物カゴ


2016.4.14

笑顔で愛のある言葉


斎藤一人さんの心に響く言葉より…

人間の肉体が滅んで、魂が故郷である天国に帰るとき、肩書やお金、この世で身につけたものは、すべてこの世に置いていかなくてはいけないでしょ。

だから、私は、こんなことをいうんです。

「天命を全うする者が成功者だ」

ちなみに、天命とは、人間がこの世に生まれてくるときに、神さまと交わした約束のこと。

人には愛のある言葉をかけ、笑顔で接する。

それが天命であると、私は勝手に決めさせていただいています。

なぜ、人がこの世に生まれ出てくるときに、神さまとそういう約束をしてくるのか。

「神さまは笑顔で愛のある言葉を話す人間を欲しているからだ」

というのが、私の持論です。

神さまは、草や木、虫や鳥、人間、この地球上にある、ありとあらゆるものを創ってくれました。

でも、神さまにも、できないことがあるんです。

神さまは、自身の大いなる愛を表現することができないんです。

それを実現できるのは、笑うことができ、言葉を話すことができる人間しかいない。

だから、神さまは、人間がこの世に生まれてくるときに、人間にこうお願いするんです。

「自分の代わりに、笑顔で、愛のある言葉をしゃべってきてくれよ」

その願いを実現しようとする人は、神さまのお役に立つ人だから、何でも望みを叶えてくれる。

だから、私にとって、神さまは、おすがりの対象ではないんです。

自分が神さまの役に立つんだ、と考えて、この天命を守っていればいいんだ、と思うんです。

この天命を守れば、敵を作りません。

会う人すべてを自分の味方にすることができますから、会社でも、商売でもうまく行きます。

家庭でも、学校でも、人生、すべてがうまく行く。

たとえ、お金持ちになれなかったとしても、天国に戻ったとき、神さまに、

「前の自分より、笑顔で愛のある言葉を話せるようになりました」

と報告できるんです。

「笑顔で愛のある言葉を話すぐらいのことで成功できるなら、誰も苦労はしないよ」

という意見があるのも知っています。

そう思っていただいても、私にも何の不都合もないから、別にいいんです。

でも、いつも笑顔で愛のある言葉を話すということは、実際やってみると、意外と楽なことではないということが、わかるはずです。

まず、いつも笑顔でいると、顔の筋肉が疲れます。

「ツイてる」と言葉をいいたいけれど、なかなか口から出てこないこともある。

人をほめようと思っても、どこをほめていいのか悩んでしまう人も目の前に現れるんです。

常に、自分との戦いです。

そして、その部分に勝ち負けが出てくる。

日々、あらゆるところで勝ち負けが出てくるとは、こういうことです。

『ツイてる! (角川oneテーマ21)』


笑顔と愛のある言葉は、周りの人の気持ちを温かくする。

不機嫌な顔と愛のない言葉は、周りの人の気持ちを冷やす。

周りの人の気持ちを温かくする人は、斎藤一人さんのいう「天国言葉」を言っている人。

すなわち、「ついてる」「うれしい」「楽しい」「感謝してます」「幸せだな」「ありがとう」「ゆるします」。

反対に、人の気持ちを冷やす人は、場を盛り下げることを言う人。

それが「地獄言葉」。

「ついていない」「不平不満」「グチ、泣きごと」「悪口、文句」「心配ごと」「ゆるせない」

周りの人の気持ちを温かくする人生か、周りの人の気持ちを冷たくする人生か。

どちらを選ぶこともできる。

日々、笑顔で愛のある言葉の実践を重ねたい。


人の心に灯をともす 一覧へ戻る