ご注文はこちらから


パクチーのサプリメント・パクチーエナジーゴールド(コリアンダーのサプリメント)
トップページ製品紹介特長・成分会社案内特商法に関する表記買い物カゴ


2016.4.2

明るいことを考えましょう


宇野千代氏の心に響く言葉より…

何事についても、「私はおばあちゃんだから」とか、「私はこんなに肥(ふと)っちょだから」とか、自分で自分の欠点を広告して歩く人がありますが、私はそんな人のことを、損な人だなァ、と思います。

明るいことを考えましょう。

いつでも、花飾りのついた帽子を冠(かぶ)っている気になりましょう。

きものを着ても、このきものは自分に似合い、自分はきれいになれる、と、そう信じていたいものです。

わざわざ、それほどでもない自分の欠点を言い立てる癖のある人。

そんなことを言われると、聞いている人は、気持ちが好いものでしょうか。

私はどっちかと言うと、

「あたしは肥っているけど、平気で白っぽいきものを着てるのよ。何だか、その方が却って、ふっくらして見える、と、そう思ってるのよ」と言う風に、多少は自惚(うぬぼ)れてるような言い方をする人の方が好きです。

おかしなことですね。

自分で自分のことを、白いきものは似合わないとか、これこれだから、私は駄目だとか言って、くさす人は、人の眼にも、くさした通りの印象を与えるものなのです。

みなさん、みなさんは、ぜひとも、この私のように、皺(しわ)や汚点(しみ)が出来て、梅干のようなおばあちゃんになっても、「おや、何だか、ヴィナスのようだわ」と、自分の心の中で、内緒で、お思いになるように、と、おすすめする訳です。

『行動することが生きることである―生き方についての343の知恵 (集英社文庫)』


病気の人が、「つらい」「痛い」「気分が悪い」といくら人に訴えても、症状は軽くはならない。

まわりの人は、困惑し、気分が萎(な)えるだけだ。

同様に、自分のことを「頭が悪い」とか「器量が悪い」「スタイルが悪い」と卑下しても、だれも同情する人はいない。

言われたところで、どうにもならないからだ。

だからこそ、大事なのは、まわりを明るくする言葉。

どんなに状況が悪くても、明るい言葉を発すれば、まわりの気持ちも明るくなる。

まわりを明るくできる人は機嫌のいい人。

自分で自分の機嫌をよくできる人。

機嫌のいい人のまわりには人が集まる。

明るいことを考えましょう。


人の心に灯をともす 一覧へ戻る