ご注文はこちらから


パクチーのサプリメント・パクチーエナジーゴールド(コリアンダーのサプリメント)
トップページ製品紹介特長・成分会社案内特商法に関する表記買い物カゴ


2016.3.30

さわやかな人


河瀬和幸氏の心に響く言葉より…

河瀬流人たらし道のキーワードの一つに、「さわやか」があります。

「さわやか」とは何かといえば、いま、喉元に出かかっている、いいたいことをいわないということです。

会社での日常にたとえてみましょう。

お客さまに土産物を持っていって、帰り際に

「これ実は、ちょっと高かったんですが、いつもお世話になっている、部長にならと思いまして…」

と、次の営業物件を頭に描きながら、ついついダメを押すつもりでいう。

「そんな野暮なことはいわなくても…」です。

相手は、そこでゲンナリとなります。

さわやかは、相手に返報を求めないことです。

さわやかは、相手につけまわさないことです。

さわやかは、手切れをよくすることです。

さわやかは、言い訳を考えないことです。

さわやかは、リスクを自分がおおうとする姿勢です。

人の自己重要感を上げてあげると、相手から感謝されます。

でも、人の自己重要感を上げてあげたことは、その場で忘れることです。

こちらからは、そのことを二度と口に出さないことです。

見かえりは、求めないことです。

そこに、さわやかさが生まれます。

でも、実は、見かえりがあるのです。

私の長年の体験から、そういう“さわやか”な姿勢でいると、自己重要感を上げた相手から、直接見かえりがなくとも、思いもしないところから、めぐりめぐって、間接的な見かえりがあるのです。

自分の意志では、コントロールできない、不思議な意思が働くのです。

他力の力が、働くのです。

見かえりは、直接相手から求めない。

そのことは、気前よく、さっぱりと忘れ、後は他力にゆだねてしまう。

これが、河瀬流人たらし道です。

『人たらし道免許皆伝 (誰にでも、自分を大好きにさせてしまう方法)』こう書房


「恩着せがましい」人がいる。

「こんなにしてやったのに」「やってやった」と、ささいなことを何度も言うような人だ。

「もっと感謝しろ」と言わんばかりの態度を示す人。

そう言われれば言われるほど、鬱陶(うっとう)しくなり、距離を置きたくなる。

「施して報を願わず、受けて恩を忘れず」

早稲田大学の創設者であり、内閣総理大臣も歴任した、大隈重信翁の言葉だ。

「受けたご恩は石に刻み、かけた情けは水に流せ」とも言う。

さわやかな人は、相手に返報を求めない。

人生、さわやかに生きたい。


人の心に灯をともす 一覧へ戻る