ご注文はこちらから


パクチーのサプリメント・パクチーエナジーゴールド(コリアンダーのサプリメント)
トップページ製品紹介特長・成分会社案内特商法に関する表記買い物カゴ


2016.3.5

この世は自分を映す鏡


木村進氏の心に響く言葉より…

《この世は鏡である。すべての人に自分の顔を映して見せる鏡である。》(ウィリアム・メイクピース・サッカレー:作家/イギリス)

私たちはよく「世の中が悪い」と言う。

その通りかもしれないが、その世の中は、自分自身も何らかの形でかかわっているものである。

そのことに気づかない人が多いのも事実である。

世の中は、自分の姿を映し出す鏡のようなものである。

だから世の中を変えたければ、まずは自分を変える必要がある。

自分が変わっていけば少なくとも、世の中を見る目は変わってくるはずだ。

以前、新聞社でアルバイトをしたことがある。

そこではクレーマーみたいな人たちから電話がよくかかってきていた。

彼らは世の中のことに対していろいろと不満があるらしく、文句ばかりを言っていた。

世の中は自分を映す鏡と思っておけば、さして過度に期待することはなかろう。

そして自分を変えることが、ひいては世の中を変えることにつながっていくことになるだろう。

『頭がよくなる名言100』総合法令出版


ある人は、「水が半分しかない」と愚痴を言うが、別の人は「まだ半分も残っている」と笑顔で言う。

同じモノや現象を見ても、考え方や見方は人それぞれだ。

文句ばかり言って暮らしている人と、笑顔で感謝しながら楽しそうに暮らしている人と、どちらの人をマネして生きていきたいと思うか。

人は、明るい人、感謝多き人、笑顔の人に魅(ひ)かれる。

あんな人になりたい、と思う魅力ある人だ。

魅力ある人には影響力がある。

影響力がある人には、世の中を少しずつでも変えていく力がある。

が、その反対の人は悪影響を与えることしかできない。

「世の中を変えたければ、まずは自分を変える必要がある」

自分が変われば、モノの見方が変わる。

見方が変われば、周囲の態度も変わる。

この世は自分を映す鏡のようなもの。

まず自らが、明るく笑って、感謝の日々で暮らしたい。


人の心に灯をともす 一覧へ戻る