ご注文はこちらから


パクチーのサプリメント・パクチーエナジーゴールド(コリアンダーのサプリメント)
トップページ製品紹介特長・成分会社案内特商法に関する表記買い物カゴ


2016.2.17

うまく批評できたとしても、誰もきみを尊敬しない


本田直之氏の心に響く言葉より…

《うまく批評できたとしても、誰もきみを尊敬しない》

人によっていろんな見方がある。

いくらまわりで評判になっていても、自分にはいいと思えないものもあるだろう。

ただ、わざわざ否定しなくてもいい。

たとえ訪れたレストランが、自分の口に合わなかったとしても、ネガティブな印象を文字や言葉にして伝えるのは損だ。

毒を吐けば、自分に戻ってくるし、そこから先にいい展開が生まれることはない。

「批判」を人生の中心に据(す)えて生きている人がいるが、当人はつねに戦わなければいけなくなる。

自己満足のために、自分の幸福感を犠牲にする必要なんてあるだろうか。

よかったことだけを、よかったと言えばいい。

よくなければ、なにも言わなければいいだけの話だ。

もちろん、仕事や家庭では素直に厳しい意見を言うべきときもある。

それはリスクをともなうからだ。

『思考をやわらかくする授業 (Sanctuary books)』サンクチュアリ出版


正しいことを言ったり間違いを正すのが自分の使命とばかり、すごい形相で他人やまわりを攻撃する人がいる。

そのくせ、自分が批判されたり、意見されたりすると、ケンカごしでくってかかったり、猛反発する。

ハリネズミのように自己武装している人だ。

「おおらかに生きる」、「天真爛漫(てんしんらんまん)」、「陽気で上機嫌」、「のびのびとして余裕がある」、「楽しくて、感謝の日々」等々とは、真逆にある人だ。

毒を吐けば毒は自分に返ってくる。

批判や否定、愚痴、文句多き人の、その先には、さびしい人生が待っている。

「うまく批評できたとしても、誰もきみを尊敬しない」

よかったことだけを、よかったと言えばいい…。

批判や否定は水に流し、感謝多き楽しい人生をおくりたい。


人の心に灯をともす 一覧へ戻る