ご注文はこちらから


パクチーのサプリメント・パクチーエナジーゴールド(コリアンダーのサプリメント)
トップページ製品紹介特長・成分会社案内特商法に関する表記買い物カゴ


2016.2.7

ビジネスとは幸せを売ること


オマハの賢人、ウォーレン・バフェット氏の心に響く言葉より…

■顧客を幸せにできない企業は消えてゆく。

ビジネスとは、幸せを売ることだ。


■自分より優秀な人間とつき合うことだ。

行いの良い者を友人に選べば、自分自身も自然と良い方向へ流されていくだろう。


■物を所有することで人生が楽しくなる場合もある。

でも、たいていはそうじゃない。

高価な自家用機があるのは便利だが、家が何軒もあったら重荷だろう。

所有物が多過ぎれば自由が利かなくなるものだ。

健康以外の私の一番の財産は、個性豊かで面白い昔ながらの友人たちだ。


■来る日も来る日も相場の変動に注意を払う必要はない…そんな労力を使っても結果にたいした違いはない。


■「今、買わないと損だ」と言うようなマネージャーは、たいてい嘘つきか、運用下手の未熟者だ。


■賢い人間が破産する一番の理由は「借金」だ。


■酒とレバレッジでしくじる人たちが増えてきた。

レバレッジはイコール借金。

世の中にあまり必要ないものだ。

賢い人間なら、借金せずに大金を稼ぐだろう。


■ある程度の資産があれば、もっと面白い環境に身を置くこともできるだろう。

しかし、それで愛してくれる人が増えるわけでもないし、健康に恵まれるわけでもない。


『バフェット・バイブル: 本物だけを見抜き富を築く最強投資家の言葉』徳間書店


バフェット氏は、「事業内容がわかりやすくて昔から変わらない、そしてコストがかかり過ぎない」企業を選んで投資しているという。

「事業内容が時代の変化に応じて、どんどん変わっている企業に投資する」というが、大方の人が言うことだが、バフェット氏はその真逆だ。

それが、バフェット氏がいう「バカでも経営できる企業に投資すべきだ。いつか、バカが経営することになるかもしれないのだから」という辛口の箴言。

伊那食品の塚越寛氏の言葉がある。

『企業の存在理由は「人間を幸せにすること」』。

自社の扱っている商品やサービスを通して、社員、顧客、地域社会を幸せにすること。

そして、それをいつまでも長く続けること。

人々を幸せにする企業でありたい。


人の心に灯をともす 一覧へ戻る