ご注文はこちらから


パクチーのサプリメント・パクチーエナジーゴールド(コリアンダーのサプリメント)
トップページ製品紹介特長・成分会社案内特商法に関する表記買い物カゴ


2016.2.1

所を得たと実感する


内藤誼人氏の心に響く言葉より…

あなたがどんな仕事をしているにしろ、「所を得た」と実感することが大切だ。

いまやっている仕事は、天職なのだと信じることだ。

「自分は最高の所にいる」という認識をもとう。

その信念があれば、どんなにつらい仕事でも、精一杯がんばれる。

イリノイ大学の心理学者エド・ディーナー博士らは、大規模なアンケート調査を依頼し、人生をどのように過ごしているかを調べた。

「毎日が楽しい」と答えた上位3分の1のグループは、「自分はベスト・ポジションにいる」と感じていることを明らかにした。

毎日を楽しく暮らすコツは、「自分は場所を得ている」と考えることである。

ポジティブに考えるのだ。

ちなみに、楽しく暮らしている人は、「自分は最悪の所にいる」とは考えないこともわかっている。

彼らは、イヤなことに目を向けないのだ。

物事のいい面を見て、悪い面は、いっそのこと無視してしまおう。

無視できなくとも、見ないようにしよう。

それで楽しく仕事ができるなら、いいではないか。

あなたがベストな場所にいることは間違いないのだ。

少しくらい不愉快なことがあったとしても、そんなにクヨクヨと思いわずらうことはない。

イヤなことは無視して、さっさと忘れてしまうのがいい。

『読むだけで心がスカッと晴れる50の方法 (王様文庫)』


城野宏先生の「変革のための指針」のなかにこんな一節がある。

「悪条件の中で建設を推進できる者が、真のリーダーである」

役職の上下でもなければ、所属するポジションでもない。

組織や状況を変えることができる人だけを、真のリーダーという。

「随処(ずいしょ)に主となれば、立処(りっしょ)皆真なり」(臨済録)

という禅の言葉がある。

随所とは、いたるところどこでも、という意味。

どんな場所でも、どんなポジションでも、主体性を持って一所懸命に行動すれば、真実を得ることができ、イキイキとした人生をおくることができる。

つまり、真のリーダーだ。

自ら主体性をもって生きている人は、どのような場所にあっても、そこで「所を得た」と思う。

随所に主となる生き方を目ざしたい。


人の心に灯をともす 一覧へ戻る