ご注文はこちらから


パクチーのサプリメント・パクチーエナジーゴールド(コリアンダーのサプリメント)
トップページ製品紹介特長・成分会社案内特商法に関する表記買い物カゴ


2016.1.29

旬を逃さない


喜劇役者、伊藤四朗さんの心に響く言葉より…

「いのち短し 恋せよ少女(おとめ)

朱(あか)き唇褪(くちびるあ)せぬ間に  熱き血潮(ちしお)の冷えぬ間に

明日の月日はないものを」

《ゴンドラの唄》松井須磨子


人間には「旬(しゅん)」というものが必ずあって、これを逃すわけにはいかない。

逃がさない努力をしなくてはならないと思っています。

恋する乙女だけではない、すべての人間にはことをなすべき「旬」がある。

この唄を聴くといつもそう思います。

私の考え方と共通するものがあって、私はこの歌が大好きです。

『コトバのチカラ (PHP文庫)』(日本民間放送連盟ラジオ委員会)


「一刹那正念場(いちせつなしょうねんば)」という言葉がある。

致知出版の藤尾秀昭氏はそれをこう語る。

「一刹那とは一瞬ということである。

正念場は歌舞伎からきた言葉。

一曲・一場の最も重要なところ、ここぞという大事な場面を指す。

一瞬一瞬を人生の最も大事なところ、人生の勝負どころ、本番と捉えて真剣に生きよ、と教えている言葉が一刹那正念場である」

人生はつかの間のドラマ。

少しでも目を離すと、大事な場面を見過ごしてしまう。

一日をぼんやりと過ごせば、あっという間に終わってしまう。

「旬を逃さない」

一瞬一瞬を正念場のつもりで生きていきたい。


人の心に灯をともす 一覧へ戻る