ご注文はこちらから


パクチーのサプリメント・パクチーエナジーゴールド(コリアンダーのサプリメント)
トップページ製品紹介特長・成分会社案内特商法に関する表記買い物カゴ


2016.1.12

精神論でもめない


斎藤一人さんの心に響く言葉より…

自分が正しいと思ったときは正しいっていっちゃだめだよ。

よく覚えておきなよ。

自分が絶対、これ、正しいっていったとき、

「私が正しいんです」

っていうと必ず喧嘩(けんか)になるからね。

そういうときは必ず、

「自分は少し変わってますから。

私、変ですから、こういう考えもあるけど気にしないでください」

っていわないと、その前にいろんなこと、いってた人から全部、反感買うからね。

で、精神論って喧嘩しないことだよ。

敵を作らないっていうのが精神論だよ。

だから、精神論で喧嘩してるやつ、おかしいんだよ。

宗教同士で喧嘩してるとかっていうのはね、「右のほおを打たれりゃ、左のほっを出しなさい」とかいいながら、宗教家ってすぐ喧嘩するんだよ(笑)。

ここでいろんなこと聞くとね、普通の人より頭、よくなっちゃうから、頭よくなったら、頭いいふりしちゃ、だめなの。

「私、少し変ですから」

っていわないとね、だめだからね(笑)

だから、精神論でさ、もめたらばかばかしいからね。

もめないことです。

『斎藤一人 千年たってもいい話』マキノ出版


精神論や価値観で争ったり、突っ張りあえば喧嘩になる。

相手が信じていることを、それは間違っていると言えば言うほど、相手は嫌な気持ちになる。

「蓼(たで)食う虫も好き好き」ということわざがある通り、人の好みはさまざまだ。

他人の趣味や、価値観について、とやかくいうことはできない。

宗教も、学問も、スポーツも、服装や食べる物も、そして人も、すべては好き嫌いで決まる。

自分の好きなものをけなされたら、誰だって腹が立つ。

好き嫌いに理屈はないからだ。

人生においては、自分の味方を一人でも多く増やすことが目的なのに、価値観や精神論の違いで、敵を作ってしまってはもったいない。

もめそうになったら、「私、少し変ですから」と言う。

自分が一歩引けば、丸く収まる。


人の心に灯をともす 一覧へ戻る