ご注文はこちらから


パクチーのサプリメント・パクチーエナジーゴールド(コリアンダーのサプリメント)
トップページ製品紹介特長・成分会社案内特商法に関する表記買い物カゴ


2013.11.30

もっとも苦手なタイプ

五木寛之氏の心に響く言葉より…

先日、ある雑誌のインタヴューアーから、

「五木さんがもっとも苦手(にがて)とするタイプの女性は、どういう女性ですか」

という質問を受けました。

これはなかなかむずかしい。

ちょっと考えると簡単に答えられそうで、じつはあらためてふり返ってみると返答に窮(きゅう)するところがあります。

しかし、なんとか質問に答えねばならないので、ふと思いついたことをしゃべりました。

「ぼくは〈よろこび下手(べた)〉な女性が苦手です」と。

〈よろこび下手〉とか、〈よろこび上手(じょうず)〉とかいった言葉があるのかどうかは知りません。

しかし、ぼくの言わんとする感じだけはわかっていただけると思います。

ぼくの友人の母親に、こんなタイプの女性がいました。

息子である彼が、親孝行のつもりで有名な観光地へ案内する。

まあかりに西伊豆あたりのひなびた温泉地だとしましょう。

「どうです、ほんとうに静かでいいところでしょう?」

と、ふだんは親不孝な息子が殊勝(しゅしょう)な口ぶりで感心してみせる。

すると、その母親は必ずこんなふうに応ずるんだそうです。

「そうね。ここもわるくないけど、わたしは湯布院(ゆふいん)のほうがもっと静かでいいと思うわ」

本当はうれしいんですね。

息子のたまさかの優しさに心は感謝で一杯なくせに、そういう場面になると素直によろこぶことができない。

「ほんとうにすてきね!うれしいわ」

と、心の中ではつぶやきながら、それが言葉に出てこない。

これはひねくれているわけでもなんでもないのですね。

ただたんに照れているだけなのです。

つまり、〈よろこび下手〉。

『生きるヒント』Gakken


最悪のいじめは、「無視」という存在の否定。

最高のよろこびは、「共感」という存在の肯定。

共感とは、素直に喜べること。

喜ぶのが上手な人と一緒にいることほど、楽しいことはない。

誰だって、自分のことを認めてもらいたくてウズウズしている。

喜び上手な人は最高に魅力的だ。



人の心に灯をともす 一覧へ戻る