ご注文はこちらから


パクチーのサプリメント・パクチーエナジーゴールド(コリアンダーのサプリメント)
トップページ製品紹介特長・成分会社案内特商法に関する表記買い物カゴ


2013.8.28

心に引っかかる

ポール・アーディン氏の心に響く言葉より…

同僚から聞いた話だ。

彼は友人を連れて、北ロンドンで開かれている展覧会に行ったという。

そこに展示されている作品は…まあ簡単に言ってしまえば、コンクリートブロックで作った、原色のひじ掛け椅子とソファだけだった。

連れていった友人がそれらを見て言った。

「おい、おまえはこんなガラクタを見せるためにオレをここに連れてきたのか?

そんな時間があったら、うまいランチを食べられたのに」

彼の文句は帰り道の間ずっと止まらなかった。

オフィスに到着してから、同僚はこう言ったそうだ。

「君はあの作品が好きじゃないと言っただろう。

なのに、初めて目にしたときからずっと夢中じゃないか」

好きとか嫌いを通りこして、彼の友人はどうしてもその作品のことを忘れることができなかったらしい。

いままでにない新しい作品というものは、なかなかすぐに好きになれないものだ。

他に比較できるものが存在しないからである。

しかしよく理解できなかったものが、努力して理解できるようになったとき、そこにはより深くて大きな感動がある。

すばらしいアート作品には説明は不要だ。

それは「なんでも好きになるべきだ」という意味ではない。

『プレイ・ジョブ』サンクチュアリ出版


もし、誰かの悪口をずっと言っていたとしたら、それはその人にとても関心があるということ。

関心のない人は、話題にもしないからだ。

その人の何かが引っかかっている。

人に限らず、商売でもこれは同じこと。

受け入れがたいこと、引っかかっていることは、好き嫌いを越えて、一度冷静にながめてみる必要がある。

そこには必ず、何か得るものがあるはずだ。

何か心に引っかかることには意味がある。



人の心に灯をともす 一覧へ戻る