ご注文はこちらから


パクチーのサプリメント・パクチーエナジーゴールド(コリアンダーのサプリメント)
トップページ製品紹介特長・成分会社案内特商法に関する表記買い物カゴ


2013.8.27

感心魔

立川談四楼氏の心に響く言葉より…

ナポレオンは、ヨイショが大嫌いだったそうです。

下手におべっかなんか言う奴は、とんでもない目に遭いかねませんでした。

そのナポレオンに対して、「あなたのそういうところがエライ!」ってほめた人がいたらしいですね。

そしたら、「お前はわかってるやつだ」ってことで重用されたらしい。

かように、人はわかってくれる人、共感してくれる人がほしいものなんです。

落語家の仲間に、“感心魔”っていうのがいるんですよ。

「こいつ、本当にモノを知らねぇんじゃないか?」って思うくらい、とにかく何にでも感心しちゃうんです。

「へぇー!?」とか、ほぉぉぉーっ!?」とか。

おそらく、意識してやってるわけじゃないんですよ。

天然なんです。

作為がないんです。

本当に感心しちゃうんですよ。

前座にまで感心しちゃったり。

でも、そいつは人気があるんですよ。

みんな集まってそいつがいないと、「なんか寂しいな」ってことになって、「ああ、あいつがいないな、あいつ呼ぼう」って必ずなるんですよ。

で、呼ぶと「おお!なに?こんな時間にこんなに集まってるの!」って、もう感心しながら入ってくるんですよ。

「すごいねぇ!」「盛り上がってるねぇ!」って。

それで、「こいつ、また始まったよ」ってなるんですけど。

でも、それで場が盛り上がるワケです。

とにかく徹底的に感心してみる。

人は共感・感心してくれる人が好きなんです。

多少、大ゲサだっていいんですよ。

『ほめる力 人に認められる極意、教えます』学研


「傾聴の三動作」という、田中真澄氏の言葉がある。

「話し三分に 聞き七分  うなずき、あいづち、驚きの表情」、というものだ。

人の話を聴くときのもっとも喜ばれる態度がこの「傾聴の三動作」

とくに、驚きの表情や、声に出して感心するような姿勢は、話し手にとってはとても好ましいものだ。

感心魔は人を喜ばせる。



人の心に灯をともす 一覧へ戻る