ご注文はこちらから


パクチーのサプリメント・パクチーエナジーゴールド(コリアンダーのサプリメント)
トップページ製品紹介特長・成分会社案内特商法に関する表記買い物カゴ


2013.8.8

勝手に上方修正

千田琢哉氏の心に響く言葉より…

ノルマを与えられると、どうしてあんなに苦しいのだろう。

他人から強制されることを人はとても嫌うからだ。

ノルマに限らず、他人から自分の目標を強制されるのは、牢獄に閉じ込められるようなものだからだ。

とはいえ、ノルマが与えられるのは仕方がない。

では、ノルマとはどうやって付き合っていけばいいのだろうか。

ノルマとはどう付き合えば、牢獄に閉じ込められたことにならないだろうか。

それは、自分でノルマを修正してしまうことだ。

もちろん勝手にノルマの下方修正をすれば、即刻リストラ対象になってしまう。

だが、上方修正なら誰からも文句を言われることはない。

これは冗談で言っているのではなく、自分で上方修正したほうがノルマは楽しくなるのだ。

今月100万の売上ノルマを与えられたとしたら、自分で勝手に200万や300万に上方修正してしまうのだ。

100万を目指しているということは、最大で100万ということだから、心の中では80万や90万でも仕方がないと勝手に下方修正しているのだ。

最初から200万や300万を目指していれば、根本的に言動が変わる。

試してみればわかるが、100万を目指すより200万を目指すほうが楽しい。

『たった2分で、自分を磨く』Gakken


どんな状況になっても、それを面白がることができる人は、ゲームのように楽しむことができる。

たとえば、暇でサービスの悪い食堂に入ってしまったとき、それを面白がって、「もう1回行こう」、などと言える人。

店に入って、最初から最後まで不機嫌な顔して文句を言う人と、ニコニコと大笑いしながら楽しむ人と、どちらが魅力的か。

ノルマに限らず、この浮世には、どうしてもやらなければならないこと、決まってしまって変えられないこと、は多くある。

だが、幕末の高杉晋作の言葉のように、面白くないことを、面白くするのは自分の心一つ。

何事も、人からやらされていると感じている人は、言い訳と愚痴と文句の人生を生きるしかない。

自らを苦しい状況に追い込む人、ノルマを勝手に上方修正できる人は、どんなときでも自分の人生を楽しめる人。

たとえ逆境であろうと、「この今」を楽しめる人は魅力的だ。



人の心に灯をともす 一覧へ戻る