ご注文はこちらから


パクチーのサプリメント・パクチーエナジーゴールド(コリアンダーのサプリメント)
トップページ製品紹介特長・成分会社案内特商法に関する表記買い物カゴ


2013.7.25

第一級の政治家

加瀬俊一氏の心に響く言葉より…

純真に皇室を崇敬していた吉田茂は、戦後に伊勢神宮を参拝した最初の首相であり、引退後には神宮皇學館を再興して現にその総長になっている。

また、駐英大使の頃は日英関係は険悪だったのに、結構ロンドンの生活を楽しんでいた。

英国の貴族的雰囲気が肌に合ったからだろう。

洋服はヘンリー・プール製に限り、帽子はもとより、手袋から靴下まで好みがやかましい。

鼻眼鏡をかけ、ロールスロイスに乗る。

ところが、英国の代表的スポーツであるゴルフはやらぬ。

短気なせいもあろうが、猫も杓子もゴルフに熱中すると、そこが生来のアマノジャクだから「棒ちぎれを振り回してなにが面白い」とうそぶく。

短気だから、碁・将棋もカルタも嗜まない。

寺内元帥に、「どうじゃ、総理大臣秘書官をやらんか」と勧誘され、

「総理大臣なら勤まるかも知れませんが、秘書官はとても勤まりません」と断ったことがある。

まったく怖いもの知らずである。

秘書官は勤勉でなくてはならぬ。

吉田さんには向かぬ。

吉田さんは良い意味での怠け者である。

だから、週末には必ず遊んだ。

遊ぶのではなくて思索したのだが、遊ぶふりをしていた。

これも英国流なのである。

不世出(ふせいしゅつ)の外交官といわれたタレイランの金言パ・トロ・ド・ゼール(ムキになるな)を好んで引用する。

つまり、宰相(さいしょう)たるものは些事(さじ)に超然として、常に余裕綽々(しゃくしゃく)でなくてはならぬ、と戒めるのである。

たしか総領事時代のことである。

某代議士が来訪したが、会いたくないので居留守を使った。

ところが運悪く、その直後にパッタリと廊下で顔を合わせてしまった。

代議士が「けしからんではないか」と憤慨して食ってかかると、吉田さんは平然として、

「総領事は不在だ。本人がいないと言っているのだから、これほどたしかなことはあるまい」

と答えた。

人を食った話である。

人を食うといえば、先頃ある訪客が、

「閣下はいつも御血色がよろしいが、なにを召しあがるのですか」とうやうやしくたずねたところ、吉田さんは言下に、

「人を食ってるからですよ」

と答えた。

彼にはこういう機知(ウイット)がある。

同じような逸話は多数あるが、横紙破りで痛快なので、大衆の共感を呼ぶのである。

実は、吉田茂の貴族的趣味を裏返すと、意外にも庶民的気質がひそんでいる。

落語が好きである。

テレビは捕物帖を見る。

ターザン映画なら決して飽きない。

庶民的な一面があればこそだろう。


由来、大衆は本能的に真贋(しんがん)を見分けるものである。

吉田茂は純金である。

鍍金(めっき)ではない。

特に、愛国の情熱は純の純なるものである。

この愛国の信念と、千万人といえどもわれ征かん、という不屈の勇気は大衆に強く訴えるものがある。

吉田茂が、「尊敬する政治家」のアンケートにおいて第一位を占めるのは偶然ではない。

『「男の生き方」四〇選 上』“城山三郎編”文藝春秋


吉田茂は敗戦国日本の首相として五次にわたって内閣を組閣。

憲法改正、農地改革を実施。

昭和26年9月サンフランシスコ講和会議に首席全権委員として出席し、講和条約・日米安保条約を締結。

昭和日本を代表する第一級の政治家だ。

終戦の年、敗戦必至の形勢を説いた内奏文が憲兵に押収され、投獄の憂目をみた。

(以上、同書より)

一国の宰相に限らず、リーダーは大事件や難問に対しては、余裕を持って対しなければ判断を誤る。

つまり、「ムキになってはいけない」ということ。

ましてや、危急存亡のときに、現場で必死に戦っている人たちを、ねぎらいこそすれ、怒鳴り散らしたり、滅茶苦茶な指示を出して混乱させるなら、最低の指揮官といわざるをえない。

切羽詰った場面であればあるほど、ユーモアや、人を食ったようなふてぶてしさが必要だ。

それが、余裕につながり、冷静な大人の対応となる。

同時に、第一級の政治家は、愛国の信念と不屈の勇気を持っている。



人の心に灯をともす 一覧へ戻る