ご注文はこちらから


パクチーのサプリメント・パクチーエナジーゴールド(コリアンダーのサプリメント)
トップページ製品紹介特長・成分会社案内特商法に関する表記買い物カゴ


2013.7.14

文章は料理のようなもの

外山滋比古氏の心に響く言葉より…

とにかく、他人に読んでもらうのが文章である。

すべてそれを前提にして考えて行きたい。

相手あっての文章という考えに立つと、文章は料理のようなものだということがわかってくる。

料理は作った人も食べる。

味見や毒見もする。

しかし、料理は食べてくれる人がなくては張り合いがない。

料理の先生が、独り暮らしの自分のマンションではインスタント・ラーメンを食べているという話がある。

教わりたい人がいるから、先生にもなる。

うまいと感心してくれる人がいるからこそ、腕を振るってめんどうな料理もこしらえる。

自分ひとりだけ食べるのでは、とてもそんな手間ひまをかける気がしないというのであろう。

文章は料理、とすると、まず、食べられなくてはいけない。

何を言っているのか、わからない。

これでは料理ではない。

スープなのか、みそ汁なのかわかないのでは食べる方は迷惑である。

若い人の書く文章に、誤字、脱字、当て字が多いと言われる。

ご飯の中に石が入っているようなもので、石が歯にカチッと当たるのはたいへん気になる。

そういう混ざりものをなくさないと、せっかくの料理も台なしになってしまう。

文章が料理だとすると、ある程度、栄養があり、ハラもふくれないといけない。

見てくれだけの料理というのもあるが、本当に相手のことを考えていない。

文章で言うと、しっかりした内容があることであろう。

いくら表現にこってみても、中身がなくては困る。

何を言っているのかが、読む側にはっきり伝わり、なるほどと納得するのがいい文章となる。

料理で、いちばん大切なのは、おいしい、ということである。

いくら栄養があっても、うまくなくては落第。

つい食べ過ぎてしまうようなものが、上手な料理というものである。

もうやめておきたいと思いながら、つい、もうすこし、もうすこし、と後を引くようなご馳走を作るのが本当の名コックだ。

文章もその通り。

いくら、りっぱなことが書いてあっても、三行読んだら、あとはごめん、と読者が思うようなのではしかたがない。

先、先が読みたくなって、気がついてみたらもう終わっていた。

ああ、おもしろかった。

こういう文章ならいくら読んでもいい。

そういう気持ちを与えたら名文と言ってよい。

いまの文章は、多く、読者に対するそういうサービスの精神に欠けているように思われる。

自分の書きたいことを一方的にのべる。

身勝手なのである。

同じことなら、おもしろく読んでもらおうという親切心が足りない。

おもしろいというと、すぐ、おもしろおかしく、吹き出したり、ころげ回って笑ったりすることを連想しがちである。

そういうおもしろさもないわけではないが、ここで言っているおもしろさは、相手の関心をひくもの、といったほどの意味。

読まずにはいられない、放ってはおかれないという気持ちを読む人に与えるもの…それがおもしろさである。

興味深いもの、知的な快い刺激を感じさせるものは、すべて、おもしろいものになる。

文章は料理のように、おいしく、つまり、おもしろくなくては話にならない。

『文章を書くこころ』PHP文庫


劇作家の井上ひさしは、揮毫(きごう)を頼まれると、次の言葉を色紙に書いたという。

「むずかしいことをやさしく

やさしいことふかく

ふかいことをゆかいに

ゆかいなことをまじめに書くこと」

文章も、スピーチも同じだが、やたら専門用語や横文字が出てくると、それだけで読む気も、聞く気も失せてしまう。

難しいことを小学生にも分かるように、深く、やさしく、おもしろく書くには、自らがそれを深く理解し、自分のものになっていなければならない。

そして同時に、「たとえ話」が上手である必要がある。

全部読んでしまうのが惜しい、さらにもう一度読み返したくなる、という珠玉の名文には、後を引く余韻がある。

「文章は料理のようなもの」

おいしくて、おもしろい文章が書けたら最高だ。



人の心に灯をともす 一覧へ戻る