ご注文はこちらから


パクチーのサプリメント・パクチーエナジーゴールド(コリアンダーのサプリメント)
トップページ製品紹介特長・成分会社案内特商法に関する表記買い物カゴ


2013.7.12

スポーツには哲学が必要

アルペンスキー、皆川賢太郎氏の心に響く言葉より…

「スキーのオリンピック選手になりたい」という夢は、小学校の低学年からずっと描いていました。

元競輪選手だった父は、私にこう言い続けていました。

「スキーの選手を目指すなら、一流になれ。

お前もそう願うんだったら、365日、毎日練習しろ。

黙々と途絶えることなく練習できる選手は、もともとすぐれた能力を持つ選手に勝る。

俺は、自分ができなかったことだからこそ、わかるんだぞ」

私が幸運だったのは、父のアドバイスを得られたことに加え、すばらしいコーチに恵まれたことですね。

とくに、小学6年からコーチング、中学1年からはトレーニングもしてもらったマルコ・クレメンチッチには大きな影響を受けました。

「ケンタロウ、プロになりたいんだったら、24時間スキーのことだけを考えろ。

技術はあとからでも学べるんだから、何よりもまず、強靭な体をつくって体力の絶対値を高めなさい」

と言われました。

メンタル面でもマルコに鍛えられました。

ある日、鏡の前でウエイトトレーニングをしていた私に、彼はこう聞いたんです。

「お前は今、何を考えてトレーニングしてる?

スキーのポジションはこうだから、どこの筋肉をつけようとか、考えていないか?」

まったくその通りだったのでうなずくと、

「そんな考えはいらない!

俺はお前が勝ちたい選手が誰なのかは知らないが、その選手を思い浮かべてトレーニングしろ。

その選手より回数を多くこなせば必ず勝てる。

その練習量は自分で決めろ」

この言葉でモチベーションがあがりました。

マルコは、あらゆる意味で優秀な人だと思います。

「ケンタロウ、スポーツをする上で人間が必要なものは何だと思う?」

マルコにこう聞かれたことがあるのですが、このときに私は「時間」と答えました。

すると彼は、頭を振りながらこう言うんです。

「いや、哲学だ。

哲学以外に人間が成長する要素を含んでいるものはない」

私はそれまで本にまったく関心がなかったものの、マルコにこう言われてから哲学書を読むようになりました。

23歳のとき、それまでより断然短いカービングスキーが登場しました。

これで、タイムがすごく伸びたんです。

大ケガをしたのは、そんなときでした。

左膝の前十字靭帯を切ってしまったのです。

これはスキー選手に比較的多いケガですが、それまで、このケガから復帰した選手は一人もいませんでした。

今でこそ医学やリハビリテーションも進んで、復帰する選手も出てきましたが、当時のスキー選手にとってはまさに致命的です。

「絶対に戻ってやる!」と、自分自身に言いきかせていましたが、ケガをした直後に感じたのは、絶望だけでした。

個人で世界的なスキーの大会を転戦するには、交通費、宿泊費、コーチを雇っての練習にともなう費用など、大金がかかります。

用具面、金銭面で支援してくれるスポンサーがつかなければ、競技生活は続けられません。

当然のことですが、大ケガをした選手からはスポンサーも離れていきます。

私の場合も手術を終えて二ヶ月後に退院したころには、スポンサー企業はゼロになっていました。

お金も使い果たしてしまったので、一時は投げやりになって酒を飲んだり、パチンコ屋に通いつめたこともありました。

でも、ある日リハビリをしているとき、こう思ったんです。

これから先、「あなたは何者?」と聞かれたとき、どう答えればいいんだろう?

もう「アルペンスキーヤーの皆川賢太郎です」「全日本の皆川です」とは言えない。

スキーをやめたら私には、何が残るのか。

これからの人生、どうなるんだろう、と考えたのです。

やっぱりもう一度スキーをやるしかない、と思いました。

復活したい、とか世界の頂点をもう一度目指そうとか、そういう気持ちとは違う。

皆川賢太郎という人間を、一からつくり直すしかない、とにかく前に進もう、という心境でしたね。

普段から本をたくさん読んでいたのものよかったと思います。

『マイナスをプラスに変える行動哲学』“海洋冒険家・白石康次郎著”生産性出版


スポーツに限らず、経営でも、芸術でも、政治でも、人としての生き方すべてにおいて、哲学は必要だ。

哲学とは、「どう生きるか」という人生観であり、世界観だ。

物事がうまく行っているときは目立たないが、うまく行かなくなったときに「哲学」は必要となる。

挫折したとき、負けたとき、失敗したときの対処の仕方で、その人の値打ちがわかるからだ。

「どう生きるのか」「何のために生きるのか」、そして、自分がこの世に生を受けたことはどんな意味があるのか。

己の哲学を身につけ、自らの使命に目覚めたい。



人の心に灯をともす 一覧へ戻る