ご注文はこちらから


パクチーのサプリメント・パクチーエナジーゴールド(コリアンダーのサプリメント)
トップページ製品紹介特長・成分会社案内特商法に関する表記買い物カゴ


2013.7.10

淡々と過ぎていくこと

小林正観氏の心に響く言葉より…

何も起きないこと。

ただ淡々とした日々が、淡々と過ぎていくこと。

何事も特別なことが起きず…くじが当たることもなく、海外旅行が当たることもなく、もちろん交通事故も起きず、大きな病気もせずに…ただ普通の日々が普通に過ぎていくこと。

それが淡々と毎日毎日、何百日と過ぎていくこと。

これが実は「幸せ」の本質・究極の姿であるということが分かりました。

「幸せ」とは、求めて求めて何かを手に入れることではなく、今、目の前に存在する現象について、「私」が「幸せだ」と思うこと、そこに尽きるのです。

よく講演会などで、私が「夢も希望もない生活をしているんです」と話すと皆さんはどっとお笑いになります。

私自身の生活では、週の休みなし、月の休みなし、年の休みなし。

酒もやらずタバコもやらず、パチンコ、マージャン、ゴルフ、テニスなどもやりません。

「何が楽しくて生きているんですか」と聞かれるのですが、「呼吸しているだけで楽しい」と答えると、けげんな顔をされます。

「呼吸しているだけで楽しい、と言う気持ちが分からない」というのです。

「では、呼吸しているだけで楽しく幸せ、という気持ちを分からせてあげましょう」と、次のようにお話しします。

「では皆さん、呼吸を止めてみてください。苦しいですから」

それはそうでしょう。

呼吸を止めたら苦しい。

「ほら、呼吸をしているだけで幸せ、というのが分かったでしょう」

息を止めてみるだけで、苦しいのです。

呼吸ができていることだけで幸せ。

そこに気が付かないだけです。

私たちはいつも、素晴らしい「幸せ」に囲まれている。

それに気が付けば、「幸せ」の海の中に生きていることが分かるのです。

『幸せの宇宙構造』弘園社


私たちは、何かハッピーなことが起きれば起きるほど幸せだと思ってしまう。

志望校に合格、病気やケガが治った、結婚した、売上や利益が増えた…

しかし、それは逆に言うと、ハッピーなことがなければ不幸せだということになる。

多くの人は、波乱万丈のドラマや物語を好むが、それはドラマだから面白いだけのこと。

本当に幸せな人は、手が動く、足が動く、呼吸ができる、という当たり前の幸せに感謝し、それに気づく人。

もっと言うなら、ケガや病気になっても、この程度ですんでよかったと感謝でき、それに幸せを感じることができる人。

淡々とした毎日に感謝し、その幸せをかみしめたい。



人の心に灯をともす 一覧へ戻る