ご注文はこちらから


パクチーのサプリメント・パクチーエナジーゴールド(コリアンダーのサプリメント)
トップページ製品紹介特長・成分会社案内特商法に関する表記買い物カゴ


2013.7.4

軽く受け流す

医学博士、鴨下一郎氏の心に響く言葉より…

ささいなことで腹を立てるのは、大人げないこと。

大人げないことで、腹を立てていませんか?

たとえば友人の集まりで、「二次会は、どこへ行く」という話になる。

「いいバーを知ってる」と提案する。

と、友人のひとりが、

「あんなバーの、どこがいい?雰囲気悪いし、バーテンダーは横柄だし、酒はまずいし」と、反論してくる。

カチンときます。

ここで、カチンとはするが、

「そうかなあ。私は、いいバーだと思うけどなあ」と笑って、穏便に済ませられるのが「大人」です。

カチンときた気持ちを抑えられず、「あなたみたいなお子ちゃまに、バーの良し悪しがわかってたまるか」と、腹を立てるのが、「子供」。

大人げない振る舞いです。

ことに人は、自分の考え、好み、趣味、信条といったものをあからさまに否定されると、プライドを傷つけられ、ついムカッと感情を荒立ててしまいます。

しかし、たとえプライドを傷つけられても、軽く受け流すことができるのが、「大人のプライド」ではないかと思います。

そこでキャンキャン騒ぐのは、「大人げないプライド」ではないでしょうか。

できれば品のいい、紳士的、淑女に似合った「大人のプライド」を持ってほしいのです。

自分の力量に自信がない人は、ちょっと文句をいわれただけで腹を立てます。

自分の考え、好み、趣味、信条を否定されて…それで腹を立ててしまうのは、じつはそれだけ、自分に自信がない証し。

自分が信じていたことが、相手の言葉で突き崩されてしまうことに怯(おび)えて、腹を立ててしまうのかもしれません。

堂々と、軽く受け流してしまえばいいのです。

胸を張って、相手の非難など無視すればいいのです。

それができるのが「強い」証しです。

『「機嫌のいい人」に人は集まる』新講者ワイド新書


謙虚であってしかも自信のある人は、肯定され、認められ、愛されて育ってきた人だ。

だから、余裕も生まれ、批判されても、軽く受け流すことができる。

自分が「幸せ感」で満ち満ちている時は、何を言われても腹が立たない。

反対に、否定され続けてきた人は、心が不安定で殺伐(さつばつ)として自信がない。

心に余裕がないから、少しのことでもカチンときて、反応してしまう。

真の大人は、自分を褒めてもらえ、認めてもらえる場を持っている。

幸せエネルギーをチャージする場所だ。

ささいなことでは腹を立てずに軽く受け流す、真の大人でありたい。



人の心に灯をともす 一覧へ戻る