ご注文はこちらから


パクチーのサプリメント・パクチーエナジーゴールド(コリアンダーのサプリメント)
トップページ製品紹介特長・成分会社案内特商法に関する表記買い物カゴ


2013.6.26

行動格差の時代

遠藤功氏の心に響く言葉より…

2011年の名目GDPは中国に抜かれ、世界3位に後退。

高い技術力で世界を席巻し、日本経済を牽引してきた大手電機メーカーは軒並み巨額の赤字に転落。

日本凋落(ちょうらく)の象徴のように喧伝されている。

その間にのし上がってきた韓国や台湾、そして中国勢。

彼らは独自の問題を抱えているとはいえ、この10年の勢いという意味では日本とは比べようもない。

民主党から自民党政権に変わり、少しは流れが変わるきっかけになるかもしれないが、日本を蝕んできた病巣は構造的なものであり、政権交代で解決するほど柔なものではない。

しかし、ことビジネスに関して言えば、日本企業が抱えている問題の根っこは、実はきわめて単純だ。

日本企業に勢いが乏しいのは、技術の問題でも、戦略の問題でも、知識の問題でもない。

我々が負けているのは、明らかに「行動」で劣っているからである。

欲望に目覚めた新興国は、その欲望を充たすためにがむしゃらに動き回り、汗をかく。

それは日本が高度成長のときに「エコノミックアニマル」と揶揄されながらも、世界を蹂躙(じゅうりん)してきたのと同じことだ。

今、アフリカにせよ、ブラジル奥地のアマゾンにせよ、限られた未開拓の市場を熱心に行き来するのは、中国人であり、韓国人である。

そこに日本人の影はない。

成熟という名の下で、我々はガツガツすることを嫌い、手抜きに慣れ、動きが極端に鈍くなっていった。

敵が行動を武器に勝負を仕掛けているのに、こっちの行動が劣化する一方なのだから、勝負の行方は自ずと決まっている。

今から30年前、ビジネスにおいては「知識」がきわめて有効だった。

マネジメントという考え方が生まれ、経営における合理性で、先端的な知識を持っていることが、勝負を決する大きな分岐点だった。

まさに、「知識格差」の時代だった。

しかし、ビジネスや経営の知識は瞬く間に大衆化し、知識だけで大きな差がつくことはなくなった。

その次に訪れたのが、「情報」だった。

情報時代の到来とともに、どれだけ有効な情報をタイムリーに手に入れるかという「情報格差」が企業の命運を握った。

これもインターネットの普及と発達によって、情報そのものがコモディティ化し、一般的な情報だけではもはや勝てない時代になった。

そして、今我々が迎えているのは、明らかに「行動格差」の時代である。

交通と通信の発展によってとてつもなく小さくなった地球の上で、どれだけ俊敏に動き回り、市場と競争のリアリズムを肌で感じながら、素早い意思決定と実行ができるかどうかが、競争力の源泉となっている。

「ゲームのルール」が劇的に変わっているにもかかわらず、多くの日本企業は行動の「量と質」を是正しようとしてこなかった。

行動の「質」は、行動の「量」によって規定される。

まずは行動の絶対量を増やさないことには、その質が高まるはずもない。

『行動格差の時代』幻冬舎


「千日の稽古(けいこ)を鍛(たん)とし、万日の稽古を練(れん)とす」

という、宮本武蔵の言葉がある。

それを、極真空手の創始者、大山倍達氏は、「千日をもって初心とし,万日をもって極みとする」と解説した。

現代人は、効率を重視し、量をこなすことを厭(いと)うようになった。

しかし、ビジネスにしても、実生活にしても、理屈や情報で分かることなどほんのわずかで、実際にやってみなければわからないことだらけなのが現実だ。

「それをやったらどうなるのですか?」と聞いているうちは、何も体得できない。

「量は質を凌駕(りょうが)する」

常人を超えた圧倒的な行動の量が、やがては質に結びつく。



人の心に灯をともす 一覧へ戻る