ご注文はこちらから


パクチーのサプリメント・パクチーエナジーゴールド(コリアンダーのサプリメント)
トップページ製品紹介特長・成分会社案内特商法に関する表記買い物カゴ


2013.6.25

一緒に暗くなってはいけない

アラン・コーエン氏の心に響く言葉より…

長年、ワークショップをやっていると、ひどい話もたくさん耳にします。

児童虐待、レイプ、殺人、自殺、戦争、悪魔崇拝…。

瞑想中に大声で叫びだす人もいました。

まるでホラー映画のようです。

私はそういった恐れに同化することを選びません。

「あー、叫んでいるんですね」と、過ぎ去っていく映画の一コマのようにとらえます。

私に同情心が欠如しているわけではありません。

どれだけ大変だったことか、想像できます。

でも、私まで苦しんではいられないのです。

私まで一緒になって苦しむと、二人とも苦しみから抜け出せません。

川で溺れている人を見つけたら、自分も川に入って一緒に溺れるのではなく、岸から手を差し伸べてあげるのです。

世間は暗いニュースばかりだといって、あなたまで暗くなることはありません。

あなたが豊かな人生を送っていれば、他の人も豊かになれます。

新聞やテレビ、職場の愚痴に同調しないでください。

豊かな宇宙に生きていることを思い出すのです。

隣の人がマイナス思考でもあなたはプラス思考を貫き、実践するのです。

日々のニュースは過ぎ去っていきますが、豊かな気持ちはいつまでも残ります。

『魂の声に気づいたら、もう人生に迷わない』徳間書店


同情という言葉を、相手と一緒になってヘトヘトに苦しみ悩む、というような意味で使う人がいる。

「あなたはちっとも私に同情してくれない、冷たい」、と言うような人のことだ。

相手と一緒に落ち込み、暗くなっても、相手を助けることはできない。

そして、人の愚痴や、泣き言、不平不満、悪口、文句に同調しても、相手の状態は一つもよくはならない。

逆に、自分の運が悪くなり、品性や品格が下がるだけ。

同調し共感すべきは、相手の幸せや喜び。

「心中常に喜神を含む」(安岡正篤)

喜神とは、歓喜の心であり、感謝する心。

たとえまわりがどうあろうと、常に、心の底に喜神を含むこと。

プラスの言葉を使い、周囲を明るくする人でありたい。



人の心に灯をともす 一覧へ戻る