ご注文はこちらから


パクチーのサプリメント・パクチーエナジーゴールド(コリアンダーのサプリメント)
トップページ製品紹介特長・成分会社案内特商法に関する表記買い物カゴ


2013.6.22

一道を行く者

今西恭晟氏の心に響く言葉より…

「一道を行く者は孤独だ

だが前から呼んで下さる方があり

後ろから押して下さる方がある」 (坂村真民)

一道とは、道を定めて、その初志を曲げないで進んで行くことです。

どんな困難に遭遇しても、横道や別の道に逸(そ)れないこと。

志が緩むと、道は二本にも三本にも分かれ、その行き着くところは、初志とは別のところでしょう。

一道を行く者の孤独は、宿命なのかもしれません。

…道の途上で躓(つまず)いたとき、誰かの導きや応援の手がある。

なんと救われることでしょうか。

孤独だと思っていたのが、見てくれる人がいたのです。

まさに初志を貫こうとすると不思議なことが起こります。

『魂に響く108の言葉』プロセスコンサルティング


四国八十八箇所の霊場めぐりのお遍路(へんろ)さんたちの傘には、「同行二人(どうぎょうににん)」という言葉が書かれている。

お遍路さんは一人ではなく、いつも空海(弘法大師)さんがついて一緒に歩いてくれる、ということだ。

損得や効率をかえりみず、ただひたすら真っ直ぐに一道を歩む人は、誰かが見ていてくれる。

たとえ誰も見ていなくても、お天道様が見ている。

「前から呼んで下さる方があり、後ろから押して下さる方がある」

我々は、目に見えない大きな力に支えられ、助けられている。

己の一道をまっすぐに歩みたい。



人の心に灯をともす 一覧へ戻る