ご注文はこちらから


パクチーのサプリメント・パクチーエナジーゴールド(コリアンダーのサプリメント)
トップページ製品紹介特長・成分会社案内特商法に関する表記買い物カゴ


2013.6.16

たった二つの言葉

松本幸夫氏の心に響く言葉より…

“たった二語が自分を「ベスト」に押し上げる”

フランク・ベドガーという、アメリカで生命保険の営業成績ナンバーワンをうたわれた男がいる。

学歴はない。

5人の兄弟の生活のために、街角の新聞売りやスチーム据付人をしていた。

やがて努力してプロ野球大リーグの選手になり、セントルイス・カージナルスの名三塁手といわれた。

だが、けがのため野球を断念。

一転して生命保険のセールスマンとなる。

12年間の現役中に大邸宅を手にし、『私はどうして販売外交に成功したか』などのベストセラーを書いた。

そのフランク・ベドガーの口ぐせを紹介しておこう。

たった二つである。

「よし!今日も大いにやるぞ!」

「よし!大いに働くぞ!」

ベドガーは、カージナルスの選手の頃、「火の玉フランク」「気迫のベドガー」と呼ばれ、熱いプレーをすることで有名だった。

だが、それ以前にペンシルバニア・ジョンスタウン・チームに所属していた時は、闘志をあまり表に出さない選手だった。

プロは厳しい。

やる気が見えないと「明日から来なくていい」と言われる。

実際、ベドガーもクビになった。

そこで奮起し、情熱を外に出すプレーに転じて、名三塁手になったのである。

『「成功言葉」が運を引きよせる!』成美文庫


やる気がなさそうに見える人は、マイナスの言葉やネガティブな行動が多い。

たとえば…

「グチやいい訳、不平不満が多い」、「歩き方や動きがダラダラして、キビキビしていない」、「声が小さくモゾモゾと話す」、「集中力がなく、散漫」、「何事も面倒くさがる」

つまり、覇気(はき)がない人だ。

やる気や情熱という覇気を前面に出すには、最初は言葉で自らを奮い立たせるしかない。

それが、ベドガーの気迫の言葉。

「よし!今日も大いにやるぞ!」、「よし!大いに働くぞ!」という二語を口ぐせにしたい。



人の心に灯をともす 一覧へ戻る