ご注文はこちらから


パクチーのサプリメント・パクチーエナジーゴールド(コリアンダーのサプリメント)
トップページ製品紹介特長・成分会社案内特商法に関する表記買い物カゴ


2013.6.13

おみやげ言葉

立川竜介氏の心に響く言葉より…

手みやげを用意して得意先や個人宅を訪れる際、何を持っていこうか、あれこれ考えるのが普通だと思います。

相手の好みや社員・家族の構成、以前に何か贈ったときの反応などなどを思い返しながら、ちょっと気の利いたものを選ぼうとするはずです。

ところが、手ぶらで訪問するとなると、気にするのは時間に遅れないことと伝える用件の内容くらい。

相手のことを考えないまま、相手のもとを訪れてしまいます。

成功を手にする人は、手ぶらで訪問する際もおみやげ(言葉)を用意して持って行く人です。

「忘年会の幹事、大変でしたか?」

「花粉症のクスリ、効いてますか?」

「そういえば、お子さんの運動会はどうでした?」

前回の話の続きをするのが「おみやげ言葉」の定番です。

おのずと気遣いが含まれた言葉になりますから、気持ちが伝わり、喜んでもらえます。

「この前の契約の件、うちの上司も前向きに検討すると言ってましたよ」

のような、実益をともなる言葉や相手が大喜びするような言葉も「おみやげ」には違いありませんが、それはいつも用意できるものではないので、定番を忘れないことのほうが大切です。

おみやげ言葉によって、その場の空気が潤うので、商談にしても相談にしても、スムーズな流れが生まれやすくなります。

実は、これ。

インタビューの仕事に通じます。

相手が有名社長にしろ、政治家にしろ、事前にその人のことを調べて、その人のことを知ってからじゃないと、話を聞くことなんてできません。

限られた時間の中で、本気の言葉を引き出すためには、おみやげ言葉も必要です。

気遣いのできる人は、おみやげの選び方が上手だと言われます。

口下手でも照れ性でも、相手を思い、気遣うことはできます。

おみやげ言葉を準備しているうちに、相手のことをもっと知ることにもなります。

手ぶらのときも、おみやげを忘れない。

訪問時の大切な作法です。

『成功を手にする人のちょっとした作法』阪急コミュニケーションズ


第16代アメリカ大統領、リンカーンはこう言った。

「木を切るのに8時間もらえるのなら、私は最初の6時間を斧を研ぐことに費やす」

名インタビュアーと言われる人は、事前の下調べに途方もない時間をかける。

その準備が行き届いていればいるほど、核心をついたインタビューになるからだ。

心理学の交流分析(TA)に、「ターゲットストローク」という言葉がある。

「ターゲットストローク」とは、相手の心にグッとくるような言葉や、核心をついたほめ言葉を投げかけること。

普段、自分が思ってもみなかったようなことをほめられると、誰もが幸せな気持ちになれる。

「ああ、私のことをよく見ていてくれたんだ」、と。

人と会うときには、「おみやげ言葉」の準備が必要だ。



人の心に灯をともす 一覧へ戻る