ご注文はこちらから


パクチーのサプリメント・パクチーエナジーゴールド(コリアンダーのサプリメント)
トップページ製品紹介特長・成分会社案内特商法に関する表記買い物カゴ


2013.6.10

発想の転換力

能力開発の第一人者、西田文郎氏の心に響く言葉より…

「自分には発想力がないから考えられない」と言う人がたくさんいます。

はっきり言いましょう。

発想力なんていらないんです。

あった方がいいですよ。

でも、なくても全く問題にならない。

なぜならば、他人の発想をうまくパクればいいからです。

パクリ道にも流儀があります。

それは、「ちょこっと変える」ことなんですね。

まるっきり同じでは、訴えられちゃいますからね。

それから、パクるなら「異業界」の方がいい。

同業界からパクったらマネだのなんだのって言われますけど、異業界からパクったら、オリジナルになります。

だってその業界では、ほかで誰もやっていないんですから。

異業界で「これはいい」と思うことを、ちょっとアレンジして自分の会社に取り込む。

ゼロから考えるのは大変ですが、これなら誰でもできます。

私は、このすばらしいパクリの能力を「発想の転換力」と呼んでいます。

他者(異業種)のいいところをパクって、独自のものに変える能力です。

これをみなさんに持ってほしいのです。

『仕方ない理論』徳間書店


常に成長し、変わり続ける企業は、規模の大小を問わず、他にない革新的な商品や売り方を開発し、それにチャレンジしている。

革新的な商品や売り方を考え出すには、発想力が必要だ。

発想力とは、基本的にはモノの見方であり、光の当て方だ。

人と違った方向から光をあて、別の角度からながめる。

人と別の面を見ることでしか、新たな発想は生まれない。

発想のヒントは、異業種を見ることで生まれる。

同業種を見て競争するなら、泥沼の価格競争に陥るだけだ。

これは、商売だけでなく、人生の生き方も同じ。

同業種の繁盛店や、ヒット商品しか見ていなければ、いつか必ずそっくりそのままマネしたくなる。

全く違う業種のよいところを自社に取り込む「発想の転換力」が、今こそ必要とされている。



人の心に灯をともす 一覧へ戻る