ご注文はこちらから


パクチーのサプリメント・パクチーエナジーゴールド(コリアンダーのサプリメント)
トップページ製品紹介特長・成分会社案内特商法に関する表記買い物カゴ


2013.5.22

自由闊達に生きる

小林吉弥氏の心に響く言葉より…

「“能ある鷹(たか)は爪を隠す”なんていうのは、オレは嫌いだよ。自分に能力があったら、遠慮せずにどんどん出せばいい」

先日亡くなった本田技研工業の総帥・本田宗一郎は、集団よりむしろ社員一人一人の働きに期待、社員すべてに「仲間感覚」を持つことで、ついには最後発メーカーながら「F1」を制するような技術世界一の会社をつくりあげた。

本田はなんとも、自由闊達(かったつ)に生き抜いた男であった。

「惚れて通えば、千里も一里」などと口にし、好きな仕事(技術の探求)にのめり込み、一方で酒とオンナを愛した。

言うならば、仕事と遊びをマッチさせた「人生の達人」と言ってよかった。

「元祖カミナリ族」「永遠の不良少年」「異色の人」「アプレ事業家」とさまざまなニックネーム、形容詞をつけられ、お堅いというか、頭が固いというべきか、財界主流あたりからは“奇人”、“変人”視して見られた部分もある。

とにかく「型破り」な経営者だったのだ。

「本田の赤シャツ」はつとに有名で、真っ赤なシャツにジャケットというイデタチで高級料亭に現れ、かつて松下幸之助がホンダの工場を視察した際、赤シャツを着た初老の男が精力的に動いているのを見つけ、「あのオジサンは元気な社員ですね」と、この偉大な経営者を“アプレ社員”と見間違えたこともある。

なんとも、「ユーモア人」だったと言ってもいいのである。

本田は言った。

「赤シャツが派手か。

なら、金魚はどうする」

その本田にも、「世界一のベンチャー経営」と言われるまで、もとより血の出るようなションベン、さまざまな挫折、企業危機を経験している。

あと数分で不渡り(手形)必至、従業員を怒鳴りつけたことにより8割が退社してしまった会社の創業期、人気商品の売上急降下、欠陥車問題といった具合だったが、本田は「うちの会社が誇れるのは追求心があることだ」を経営者としてのバックグラウンドにし、つねにその具現をもって乗り切ってきた。

そして、それは経営者、全従業員の「仲間感覚」によるところが大きかった。

部下を叱るとき、松下幸之助は「理」をもって大いに叱った。

本田は豪快に叱った。

そのあとで、豪快に笑い飛ばすのがつねだった。

『人を動かす、人を活かす』光文社


仲間感覚とは、スポーツのチームのような、勝利に向って一丸となる仲間意識のことで、遊び仲間のなかよしクラブのことでは決してない。

仲間意識が強まれば、チームへの帰属意識も強くなり、勝利へのベクトルが一つになる。

出る杭は打たれるが、杭も出すぎたら打たれることはない。

一途に一心に一つのことに狂ったように打ち込む人は、ある限界を突破したときに一段飛びぬけた存在となる。

まさに、本田宗一郎がそうであった。

遊びも仕事も自由自在。

自由闊達なる人生をおくれたら最高だ。



人の心に灯をともす 一覧へ戻る