ご注文はこちらから


パクチーのサプリメント・パクチーエナジーゴールド(コリアンダーのサプリメント)
トップページ製品紹介特長・成分会社案内特商法に関する表記買い物カゴ


2013.5.19

人から信用されるには

齋藤孝氏の心に響く言葉より…

【その義を正しくして、その利を謀(はか)らざれ】「小学」(外篇 嘉言)

「義」を行い、それによって自分が利益を得ようと思う下心があってはいけない。

「義=人としての正しい行い」と「利=利益」なら、「義」を優先させろということだ。

もちろん、大きな深い意味での「利」は常に考えている必要があるが、まずは「義」を優先することが大事である。

普通、利益といえば自分が得することを考える。

しかし、宮沢賢治は、遺作『雨ニモマケズ』のなかで、「ジブンヲカンジョウニ入レズニ(自分を勘定に入れずに)」と書いている。

それは、利益というものから自分を外して考えるということだ。

そして、「ミンナニデクノボウートヨバレ、ホメラレモセズ、クニモサレズ、サウイウモノニ ワタシハナリタイ(みんなにでくの坊と呼ばれ 褒められもせず 苦にもされず そういう者に 私はなりたい)」と書いている。

結局、利益から自分を外して考えられる人は信用され、「彼に任せてみよう」「彼はズルをしないからお金をまかせて大丈夫」と、一つひとつ小さなところから信用を得ることになる。

それが積み重なって、大きな信用につながっていく。

こう考えてみればどうだろう。

「自分は常に周囲の人たちから、“自分の利益ばかり考えて行動する人間かどうか”を試されている」と。

自分を勘定に入れずに行動していれば、たとえ、でくの坊に見えても、大きな仕事を任されるはずだ。

そう考えれば、正義を行なうことは、結局は自分の利益と矛盾しないということになる。

『「座右の銘」が必ず見つかる寺子屋の人生訓』小学館


昨今、出世するということにあまり興味を示さない人たちは多いが、齋藤孝氏は、この出世についてこう語る。

「“出世する”とは、私は「自分を信用してくれる人が増えること」だと考える。

出世を望まない人はいても、信用のない人間になりたいと思う人はいないだろう。

出世するとは、人から「あいつになら任せられる」「あいつに頼みたい」と、自分の信用をアップしていくチャンスでもある。

出世意欲がそれほどではないのに、どんどん出世していく人を見るがいい。

公私ともに信用をコツコツ築いている人物ではないだろうか」(同書より)

会社だけでなく、色々な会でリーダーに祭り上げられる人は、自分の利よりも先に、公の利を先に考える人だ。

自分の損得がギラギラと出てしまうような人は信用がない。

セールスなども同じで、売りたいという気持ちがミエミエの人からは誰も買わない。

「先義後利」(荀子)

道義を先に行い、利益は後回しにすること。

自分を勘定にいれず、人の利を先に考える人でありたい。



人の心に灯をともす 一覧へ戻る