ご注文はこちらから


パクチーのサプリメント・パクチーエナジーゴールド(コリアンダーのサプリメント)
トップページ製品紹介特長・成分会社案内特商法に関する表記買い物カゴ


2013.5.17

努力を他人に見せない

リチャード・テンプラー氏の心に響く言葉より…

ヴァージングループの会長リチャード・ブランソンはビジネス界のプレイボーイのように思われている。

気球を飛ばしてみたり、船に住んでみたりと、いつも気楽な遊び人で、突拍子もないことばかりするエンターティナー。

彼がデスクに向っている姿も、電話に出ている姿も、書類仕事をしている姿も見たことはないが、しかし彼も間違いなくそうした仕事らしい仕事もしている。

ただ、それを見せないだけだ。

本当に仕事ができる人を目指すなら、ブランソンのようなイメージを目指すべきだ。

毎日明け方近くまで勉強や仕事をしていたとしても、そんなことはおくびにも出さない。

週末や有給を取った日に働いていたとしても、そんなことを口に出したりしない。

周囲の目に映るあなたは、鼻歌でも歌いながら仕事をやっているような、お気楽な人物だ。

何でもらくらくと片付けているように見える。

仕事のできない人がこのルールを実戦したら、大失敗に終わるだろう。

それでは、そこまで仕事ができるわけではない人は、いったいどうしたらいいのだろうか?

それは、がんばって仕事ができる人になるしかない。

学び、勉強し、経験を積む。

知識を蓄え、本を読み、質問をして、仕事のすべてを自分のものにするのだ。

●仕事が大変だとグチや文句を言わない。

●できないものはきっぱりと断り、仕事を抱えすぎない。

●汗をかいている姿を見せない。効率を上げ、負担を減らす方法を常に考える。

こうした努力をしながら力をつけて初めて、クールでお気楽なイメージを演出することができるのだ。

『できる人の仕事のしかた』ディズカヴァー


本当に仕事が出来る人は、どんなに忙しくても、「忙しい」とは言わない。

忙しい人かそうでないかは、他人に吹聴しなくても、その人の行動を見ればわかる。

忙しさや、自分の努力を誇示する人は、自慢していることに気づかない。

「こんなに忙しいスゴイ人なんだぞ」、と。

「人生は、ニコニコ顔で命がけ」

必死の努力をおくびにもださない、粋でクールな人でありたい。



人の心に灯をともす 一覧へ戻る